各国・地域情報

ベトナム

2012年5月5日

海外情報プラス

ベトナムレポート
2012年 4月度、AABCベトナム経済情報

株式会社 会川アジアビジネス研究所

2011 年の法人所得税(CIT)確定申告の案内
(2012年4月1日付、KMCニュースより)

  2012 年3 月12 日付、財務省は多くの労働者を雇用している企業、中小企業の 2011 年の第 1、2 四半期のCIT 納付期間を3ヶ月間延長することに関する首相府の決定・第 04/2012/QD-TTg号の実施ガイドラインとして、通達・第 42/2012/TT-BTC 号を公布した。通達内容は以下の通り:
1)延長対象 : 首相府の 2011 年 4 月 6 日付の決定・第 21/2011/QD-TTg号、及び 2011 年 10月 11 日付の決定・第 54/2011/QD-TTg号に則って納税の延長を受けた多くの労働者を雇用している企業、中小企業。
2)延長される税額の確定 : 延長される 2011年の第 1 、2 四半期の CIT 額は、通達・第52/2011/TT-BTC号、及び通達・第 170/2011/TT-BTC号に則って納税期間が延長された税額。
3)納税延長期間 : 第 1 四半期の納税予定CIT 額に対する納税延長期間は、2012 年7 月30 日まで、第2 四半期については2012 年10 月30 日までになる。もし、延長された納税日が法律で定められている休日に当たる場合は、その次の営業日に納税しなければならない。
4)延長手続きについて:
  * 納税延長対象になる企業は提出した申告書を交換するために、2011 年の第1 四半期、2 四半期の予定申告書を作成し、再度提出する。企業は、予定申告書の誓約行の前に「決定・第04/2012/QD-TTg号で規定された引き続き延長される CIT 額」及び「延長申請期間」を記さなければならない。
  * 納税延長期間中、延長対象になる企業は次回の申告書提出期間を区別しないが、税務局が納税者の住所において検査、精査決定を公布する前であれば、いずれの営業日でも修正申告書を提出することができる。
  *納税延長期間中、企業は納税遅延違反と見なされない、延長された税額に対する納税遅延行為に関する行政処罰は課されない。
本通達は、2012 年4 月26 日より効力を発する。

個人所得税(PIT)確定申告書の修正
(2012年4月1日付、KMCニュースより)

1)2012 年 3 月 7 日付、ホーチミン市税務局のオフィシャルレター・第 1426/CT-TTHT 号によると、以下のように回答される。
 A 社の労働者で、ベトナムで居住者とみなされる外国人である場合、労働契約を終了した際には、ベトナムから出国する前にPIT 確定申告を行わなければならない。その外国人が確定申告書を提出してから、ベトナムで支払ったPIT 額を減らすために外国でのPIT 申告書、納税済み証憑があれば、通達・第 28/2011/TT-BTC号の第9 条5 項で規定された修正書類を作成の上、超過支払いした税金(あれば)を還付することができる。

2)会社住所の変更に対するPIT 確定申告について、2012 年 3 月 1 日付、ホーチミン市税務局のオフィシャルレター・第 1321/CT-TTHT 号によると、以下のように回答される。
 2011 年に、A 社は 1 月から 3 月まで B 省に住所があり、PIT も申告・納税もB 省の税務局にて実施した。しかし、2011 年の 4月から 12 月までホーチミン市へ住所を変更し、ホーチミン市の税務局において PIT を申告・納税した。上記の場合、2011 年の確定申告の際に、2011 年に給与・報酬による所得が唯一A 社からのものでしかない労働者については、ホーチミン市において代行の確定申告手続きをA 社に委任することができる。

GIANG DIEN ECO-PARK開発計画
(2012年4月1日付、TUOI TRE新聞より)

  外国投資局によると、2012年第1四半期に日本からの対ベトナム新規投資額及び増資額は10.7億ドルで、対ベトナム外国投資総額の87.5%占めて、ベトナムに投資する世界94ヶ国・地域中トップであった。
  一方、日本からドンナイ省への2011年までの累計投資総額は19億ドルで、4万500人の労働者が雇用されている。
  ベトナムを初めドンナイ省への日本投資の急増原因について、日田在ホーチミン日本国総領事は、「我々は大震災後国家経済回復を強化しており、日系企業は中国からベトナムへの工場を移転する傾向が強まっているとともに、ドンナイ省は投資環境が良いうえに多くの優遇策が講じられている」と言う。
  2011年7月29日に、ドンナイ省のビエン・ホア市にドンナイ省への日本投資促進セミナーが開催された。本セミナーにてドンナイ省は日本投資家にドンナイ省への日本投資を誘致する優遇策を明らかにした。
  今後、ドンナイ省は日系企業のGIANG DIEN工業団地への誘致を強化する計画であるが、同工業団地は529ヘクタールの土地が確保され、今後ハイテク企業及び環境汚染の無い企業を収容する計画である。
  2012年3月19日に、SONADEZIはGIANG DIEN ECO-PARKと協義をし、協力協定を締結した。今後、GIANG DIEN ECO-PARK はGIANG DIEN工業団地に進出する日系企業の管理者やエンジニアなどの管理職向けの住宅地・サービスセンターなどを建設する計画を立てた。
  これに対し、日田日本国総領事は「工業団地に隣接するサービスセンター・住宅地の建設は重要であり、GIANG DIEN工業団地はその需要に対応できるので、今後日本企業は投資し易くなるだろう」と言われた。
  2012年3月20日、GIANG DIEN工業団地を初めGIANG DIEN ECO-PARKへ日系企業の投資を呼び掛けるため、会川アジアビジネス研究所の会川社長(元ホーチミン日本商工会会長)はGIANG DIEN工業団地を訪問、視察して協力を検討する旨約した。

健康に良い商品であれば高くても購入する。
(2012年4月10日付、SAIGON TIMES新聞より)
  カンターワールドパネルベトナム市場調査会社の消費者意識調査結果によると、インフレの心配より健康の心配の方が消費者の関心が強く、現時点では、都市住民の家事をする人の88%は以前より自分及び家族の健康を心配しており、その内の81%は健康に良い食品であれば高くても購入すると回答している。
  同調査結果によると、2011年内に消費者にとって高機能性牛乳、生牛乳、豆乳、エナジードリンクなどの飲料は、日用品として使用されており、食品や飲料のほか、日常生活に使用する製品の品質にもより強い関心を持っている。消費者によると健康に良い品質ならば値段が高くても購入するとの回答であった。
  又、低所得者と高所得者の嗜好の違いも日用消費財の使用により強く影響されると見られている。低所得者は安い商品を探して支出し、出来るだけ切り詰めるが、高所得者は価格が高くても品質の良い製品を買い求める傾向があるという。

廃棄物処理システムが整備されていない病院が国内病院の過半数に達する
(2012年4月10日付、SAIGON TIMES新聞より)
 保険省の保険環境管理局によると、現在ベトナムで医療施設は約1万3600箇所あり、この内病院数は約1,300箇所に上る。
  但し、全国の病院の56%は廃棄物処理システムが整備されていないという。
  現在、全国の医療施設で一日当たり15万立方メートルの医療系排水が排出されるが、2015年には約30万立方メートルに増加すると同局は予想している。
  また、1日当たり排出される医療廃棄物は350〜400トンで、この内焼却炉で処理が必要な有害廃棄物は40トンだが、資金不足で多くの医療施設は有害廃棄物を処理せずそのまま放棄しているという。ベトナム政府は病院の廃棄物処理システム整備に向けて、総額1.5億ドルの融資を海外機関などに求める方針を明らか にしているという。

オンラインでの労働市場は競争を続ける
(2012年4月12日、DIEN DAN DOANH NGHIEPより)
    求職求人サイトのベトナムワークスは2012年3月のオンライン人材指数報告を発表した。それによると、求人指数は2月に187ポイントに急上昇したが、3月は17%減の156ポイントとなったという。

(備考:Chi so nhu cau nhan luc truc tuyen: 求人指数) 
一方、3月の求職指数は189ポイントで2月に比べ4% 上昇したという。労働の需給ギャップが拡大し、求人側にとっては選択の余地が増えたことになる。

(備考:chi so thi truong nhan luc truc tuyen:求職指数、nha tuyen dung:求人、nguoi tim viec:求職)

 全体的には求人側に有利な状況であるが、IT・ソフトウェアの開発・運用に携わる人材はその逆で、常に求人指数が高い5 職種の1つという。3月の求人指数は8.79ポイントで職種別で2番目に高かったという。一方求職指数は0.65ポイントと求職指数が低い5職種の1つでもあるという。この職種の人材は引っ張りだこの状態にあるようだ。
  尚、ホーチミン市のオンライン求人指数はハノイの指数より増加し、2月にこの指数のギャップは1.5ポイントだったが、3月に4.4ポイントに拡大し1月より最大のギャップとなったという。因みに、昨年同期比のハノイのオンライン求人指数はホーチミン市より1.1ポイント多かった。

(備考:chi so nhu cau nhan luc truc tuyen tai Tp.HCM va Ha Noi:ホーチミン市とハノイ市での求人指数)

以 上

▲ ページトップへ