各国・地域情報

ベトナム

2010年12月8日

海外情報プラス

111月の外国直接投資(FDIForeign Direct Investment)認可額、40%減の133億ドル (2010年11月25日付、VIETJOより)

 計画投資省海外投資局によると、年初から11月20日までのFDI(Foreign Direct Investment)認可総額は前年同期比40%減の133億ドル(約1兆1100億円)、実行額は同比9.9%増の99億5000万ドル(約8304億円)となっている。

 新規案件の認可件数は前年同期比20.4%減の833件、その総額は121億90万ドル(約1兆103億円)。FDIを最も多く誘致した分野は加工(32.9%)、電力・ガス・水製造販売(22.1%)、不動産(21.5%)が挙げられている。

 2010年の対ベトナムFDI投資額が多い国・地域は、オランダ、韓国、米国、日本、台湾の順で、それぞれの新規認可総額は10億ドル (約835億円)超となっている。また、地域別FDI誘致順位は▽1位:バリア・ブンタウ省(18.6%)、▽2位:クアンニン省(16.5%)、▽3位:ホーチミン市(13.7%)、▽4位:ゲアン省(7.6%)の順となっている。

▲ ページトップへ