各国・地域情報

ベトナム

2010年12月8日

海外情報プラス

オンライン求人求職の状況
(2010年11月15日付、TUOI TRE新聞より)

 11月15日、求職求人サイトのベトナムワークスより発表された報告書によると、第3四半期のオンラインによる企業求人及び人材紹介の現況は、企業求人数が同7%、人材紹介数は前期比12%増加した。前年同期比では、企業求人数が34%増、人材紹介数が27%増となっている。

 2010年第1四半期から今まで企業求人と人材紹介も増加しているが、企業求人数 の増加率が人材紹介数のそれを上回っている。ベトナムワークスのクリス・ハーベー社長によると、最近の労働者は積極的になり、仲介会社を通す事無く、直接企業に連絡し、応募したことが増加率減少の原因だと云う。

 2010年第三四半期の営業、経理・会計、総務・秘書、ITエンジニア、マーケティング分野は引続き求人数が多く、前期比5%増加した。経済危機後、各企業は他社との競争力や商標価値を高めるため、マーケティング活動を集中して行っているように思われる。

 業界分類では、求人数が多かったのは建設、経理・会計、銀行、電気・電子、機器である。特に、電気・電子は前期比25%増、建設は同比20%増、機器は同比 12%増と大幅に増加した。

 一方、オンライン求職者数が最も多かった職業は経理・会計、総務・秘書、人事、カスタマーサービス、営業で、前期比10〜19%増加したが、オンライン求職者数が最も多かった業界は銀行で、次いで経理・会計、電気・電子、建設、航空・観光・ホテルとなっている。(建設を除き、前期比11〜15%増)

 各地方と比較すると、求人数が最も多かったのはハノイ市で、次いでホーチミン市、ビンズン省、ダナン省及びドンナイ省だが、特にドンナイ省の求人数は前期比21%増加した。


▲ ページトップへ