各国・地域情報

ベトナム

2010年9月

海外情報プラス

雇用契約を一方的に解約された労働者に関する事項の清算

 2010年8月17日発行の労働省案内書2813号によると、雇用主は労働法に基づいて、雇用契約を一方的に解約した労働者に給与、ボーナス、離職手当て等を支払う義務がある。

 労働法の第43条では、支払い義務を明確に規定している。
 契約が解約された日から7日以内に、双方は各自の権利に関連する項目についてもれなく清算する責任を持つ。特別の場合、期間を延長することができるが、30日を越えてはならない。

(2010年8月20日付、INFOLINK JSC情報)

▲ ページトップへ