各国・地域情報

タイ

タイ地図
更新年月日:2017年10月

海外情報プラス

2017 2016 2015 2014 2013 それ以前

2017.10 タイ情報2017年9月号
1.タイの自動車市場と求められる情報収集力に関して
2.タイの医療産業参入について(地方行政の支援とJETROの支援)
3.日タイ企業連携について(日本からの経済ミッションでは何が生まれたのか)
4.(事例) タイの滞在ビザ延長について
5.(トピック) タイ企業が海外からの技術移転をどう吸収しているのか
2017.9 タイ国情報2017年8月号
1. アセアンとインドとの関係、技術者確保に関して
2. 日系企業の賃金動向(8/10バンコク日本人会商工会議所:賃金事情説明会)
3. (相談案件)タイで独立、開業するには
4. (トピック)自動車の変化とタイの自動車部品業界の課題
5. (政局)インラック前首相、8/25最高裁判決前に国外逃亡
2017.8 タイ情報2017年7月号
1. タイ人の人材育成について(タイ工業省、投資委員会幹部との意見交換)
2. タイ政府の起業家支援体制について
3. 北米の取引先で起こった会社再建法適用に対処するタイ国縫製業のリスク管理事例
4. (相談案件)自動車産業の研究開発の課題と対策
5. (トピック) 外国人の就労管理に対する勅令、その後の影響
2017.7 タイ国情報2017年6月
1. 労働力集約産業、タイから周辺国への動き
2. 次世代電気自動車、既に国際規格の囲い込み競争
3. 自動車部品1次サプライヤー、2次サプライヤーの課題
4. タイ国の高齢化社会への対応
5. (相談案件)自動車部品メーカー、受注拡大への体制づくり
6. (トピック)外国人就労管理に関する新しい規制が
2017.6 タイ国情報2017年5月
1. 大手自動車メーカーの海外進出と、提携メーカーの協力
2. 現地生産、進出20年未満企業と30年超企業との人材の育成による違い
3. 5/17自動車産業セミナー「技術開発と部品メーカーの課題」
4. タイ産ロボットの日本国内の介護施設での活用
5. 日系企業の進出、最近の動向(大学との提携など、従来とは異なる進出方法)
6. (質問への回答)タイの最低賃金とは
2017.5 タイ国情報2017年4月
1.タイの自動車産業振興策と人材育成について
2.社員の健康管理、日系企業と地場企業
3.タイ進出の日系企業の潮流、製造業から非製造業へ
4.(事例) 本社とタイ子会社が連携して試作品作り、市場調査
5.グローバル人事について(子会社の責任者の交代時期と後任者の選定)
2017.4 タイ国情報2017年3月
1.タイの通信技術の高度化と人材育成、輸出管理制度の枠との調和を求めて
2.ものづくり企業交流会(3/2)と産官学の共同研究
3.タイの創薬開発センターと日本製薬メーカーに求められる課題
4.技能実習制度のタイ送り出し機関の研修の実態

2017.3 タイ国情報2017年2月
1. 医薬品、医療器具の相互認証制度への歩み
2.2017年日系企業の景気討論会
3.タイ政府投資委員会主催のOpportunity Thailandについて
4.中小企業の法務、労働問題について
6.日系企業が優秀な学生を採用するには
6.(参考)ラオス進出の日系企業の課題と対策
2017.2 タイ国情報2017年1月
1. タイの労働法改正の動き
2. 日系企業におけるタイ人と日本人の役割分担について
3. タイの研究開発、機器校正作業について
4. タイの投資政策、最低賃金政策について
5. 補足)ラオスの古都で活躍する日系レストランの人材育成法について
2017.1 タイ国情報2016年12月
1. タイの年末の労使交渉と労働争議について
2. タイ人と日本人の思考方法を理解するには
3. 工場管理の見える化(IoT(Internet of Things)導入、Thailand4.0導入)の動き
4. エンジニアリング会社の人材募集と育成(タイとミャンマーの比較)
5. タイの大手民間病院のサービスについて
2016.12 タイ国情報2016年11月
1. 工場の集約化について
2. 労働争議で、調停に入るには
3. ラオス工場とタイ工場の有機的な関係
4. タイの産業政策と労務管理
5. 技能開発センターの事例
2016.11 タイ国情報2016年10月
1. タイ国王崩御のタイ政府の報道内容とタイ国民の対応
2. 国王崩御、直後の日系企業の対応
3. 70年間のプミポン国王治世下の哲学と実践内容
4. 最低賃金、2017年1月から引き上げ
5. 産業の国際化、高度化、人口の高齢化に向かうタイの日系企業の課題と展望
2016.10 タイ国情報2016年9月
1. タイ政府の自動車政策「電気自動車振興策」と日系企業の現状
2. 町工場から世界に部品供給するTグループ飛躍の陰に日系との合弁
3. 高齢化社会とこれからの労働政策、福祉政策
4. タイの介護サービスについて
5. 労働者不足と省力化、自動化への機器開発について
2016.9 タイ国情報2016年8月
1. タイ科学技術大臣(Dr. Pichet Durongkaveroj)の8/3講演から
2. (事例) タイの日系レストランと和風料亭の「おもてなし」人材の育成
3. 日系企業の賃金管理の実情(バンコク日本人商工会議所JCCの調査を踏まえて)
4. (事例) 社員の解雇か、自主退職か(ある中小企業の営業マンの退職事例から)
5. 欧米系自動車部品メーカーの調達方針、調達組織、人材確保
2016.8 タイ国情報2016年7月
1.ASEAN統合と農業関連業界の経営戦略、人材戦略
2.トラック架装業界、地場企業に学ぶ
3.コールドチェーン業界の現状と課題、必要な人材育成
4.中国での労務管理、タイでの労務管理
5.(参考)TPPの在タイ日系企業への影響可能性
2016.7 タイ国情報2016年6月
1.タイでの工場改善提案と設備維持サービス
2.中国での委託加工から、タイでの自社生産に踏み切る日系企業の動き
3.1990年代にタイ進出した企業の従業員の育成過程と今後の課題
4.日系企業内でのタイ人の役割、日本人の役割について
5.タイでのものづくり、カンボジアでのものづくり(文化の違いを理解するか)
6.(付録)Brxit (英国のEU離脱)と労働者の移動をアセアンで考えると
2016.6 タイ国情報2016年5月
1. タイの休日数について
2. 最低賃金の動き
3. タイの産業高度化振興策「スーパークラスタ―制度」と人材育成
4. フィリピンの金型産業と技術の定着について
5. タイの農産物、食品業界について(世界の食生活をリードする仕組み)
6. (付録)アフリカまで進出する繊維産業
2016.5 タイ国情報2016年4月
1.タイの自動車産業と研究開発(R&D)
2.タイの観光振興と日本への観光客誘致策
3.タイ南部、トラン県の水産業の実態と工場従業員の確保
4.在タイ日本大使館の考える日タイ関係
5.(特別寄稿)ネパールの現状と外貨収入の1/3を占める外貨送金の背景
2016.4 タイ国情報2016年3月
1. ミャンマー人労働者が多い企業の労務管理
2. 自動車業界の課題とタイの日系自動車部品業
3. タイの伝統工芸産業の革新性と国際化
4. 腎臓病の現状と医療従事者の育成
5. 高齢化が進む中で若手従業員の採用と定着率を高めるために

2016.3 タイ国情報2016年2月
1. 重要保安部品のタイでの現地生産について
2. タイの教育事情と職業能力開発について
3. 経営体制の再構築について
4. 現地化した企業の新製品の開発について
5. (業界情報)タイの宝石、貴金属業界の後継者育成について
2016.2 タイ国情報2016年1月
1.アセアン経済共同体AEC2015の発足による熟練労働者の移動
2.観光振興策と個人所得税の控除
3.工場建設当初のタイ人の活躍
4.小集団活動による省エネ
5.2015年末の労使紛争に見る日系企業の労務管理
6.(参考)日系企業のボーナス、昇給情報(MR&TS社より一部紹介)
2016.1 タイ国情報2015年12月
1.日本の自動運転に関する技術とタイへの技術移管の可能性について
2.福利厚生の優れた工場の生産性向上と従業員の定着
3.自動車業界の雇用拡大に果たすモーターショーの役割り
4.タイで新しく商社機能を持つ会社を設立するには
5.第9回日ラオスの官民合同会議(12/17)について
2015.12 タイ国情報2015年11月
1.タイの日系中小企業が取り組む省エネの事例について
2.海外で大規模な展示会に出展する日本の中小企業と地方政府の支援策について
3.タイ政府投資委員会BOIの新しい投資政策(クラスター政策の導入)について
4.海外工場の閉鎖と人員整理について
2015.11 タイ国情報2015年10月
1.BOI恩典企業がビジネスビザ、労働許可をとる場合について
2.政府の査察、内部監査および解雇に関する法務について
3.OVTA-304工業団地の経営セミナー報告について
2015.10 タイ国情報2015年9月
1.タイのこれからの経済運営について
2.タイでビジネスビサ、労働許可をとる条件について
3.軍事政権下での法律改正について
4.タイの技術者教育について
5.ミャンマーとタイのコールドチェーンについて
2015.9 タイ国情報2015年8月
1.合弁会社と独資会社の人事管理、経営管理、営業戦略
2.タイ企業を活用して営業拡大を図るこつ
3.バンコクの爆破事件にみるリスク管理について
4.2014年秋に改正された「技能開発促進法」とAEC2015について
5.タイの日系企業からみるベトナム進出の課題
2015.8 タイ国情報2015年7月
1.タイ人運転手、活用の仕方
2.タイの最低賃金改定の動きと労働意欲引き上げ
3.タイ人実習生の帰国後の再就職
4.タイの公的年金制度と民間の制度
5.アセアンのハブを目指すタイ政府と人材供給
2015.7 タイ国情報2015年6月
1.タイの最低賃金改定の動きについて
2.作業効率改善と労働者の安全のための設備更新
3.タイのロボット活用工場について
4.EU輸出の特恵関税(GSP)の延長について
5.(参考)ミャンマーの産業政策について
2015.6 タイ国情報2015年5月
1.社外行事に参加する際の交通事故について
2.タイ投資委員会(BOI)の自動車部品業界の課題について
3.タイの大学が実施するインターンシップについて
4.バンコクで各種法務、労務の情報を集める方法について
5.(参考)日本とタイの中小企業の事業継承と廃業について
2015.5 タイ国情報2015年4月
1.タイ商務省の会社設立に関する通達とその影響
2.タイ進出の日系企業の駐在員のアパート探しについて
3.タイ進出の日系企業の自家用車の活用と運転手確保について
4.日系企業むけの情報提供先としての新聞社、銀行、工業団地の選択について
5.(参考)タイにある日系企業がAEC2015をにらんでインドネシアをどのように見ているのか?
2015.4 タイ国情報2015年3月
1.タイの地場企業を買収した日系企業の今後の展開について
2.タイの地場企業は経営革新ができるのか
3.最近進出した日系企業が先発組の企業に追いつくには
4.タイの医療事情とインドネシアの医療事情
5.(参考)タイとインドネシアの自動車業界事情について

2015.3 タイ国情報2015年2月
1.JCC主催の景気討論会「2015年は前年よりも景気は上向くのか?
2.日本の建設関連技術のタイ、アジアへの移転について
3.戦後早々期に進出した日系企業の半世紀後の展開について
4.家事労働の資格認定とタイの山岳民族の就業機会開発について
2015.2 タイ国情報2015年1月
1.タイと日本を結ぶ技能実習制度の発足とその後の経過
2.新工場の立ち上げと社員教育
3.合併会社の運営の課題と挑戦
4.日本式労務管理について
2015.1 タイ国情報2014年12月
1.全国組織の労働団体に指導されて起きた日系企業の労働争議について
2.タイの新しい投資政策によって求められる産業と産業人材育成の現状について
3.タイの大学法律学部で学ぶ法律学習の目的と手法について
4.(参考)労働力不足とオーストラリアの移民制度、ワーキングホリデー制度
2014.12 タイ国情報2014年11月
1.景気低迷期のタイの労務管理(OVTAセミナーの紹介を兼ねて)
2.2015.1から実施されるタイの新しい投資政策について
3.初めての海外をタイでと考える日本の中小企業について
2014.11 タイ国情報2014年10月
1.タイとミャンマーの日系企業の駐在員の住居選定(続)
2.タイ企業に勤務する日本人、外国人の役割り
3.カンボジアとミャンマーでの工場運営について
4.新しいビジネスをメコン地域(カンボジア、ラオス)で
5.タイから見たミャンマー人、現地で見たミャンマー人
2014.10 タイ国情報2014年9月
1.日本の大学生とタイの大学生の就学事情
2.日系金型業界の海外展開と地場企業との連携
3.タイの外国人のVISAおよび労働許可の更新
4.5.22クーデター後の労働市場と労働争議
5.(参考) 日本人駐在員の住居選定
2014.9 タイ国情報2014年8月
1.日系中小企業のタイ進出と進出後の交流の場
2.タイの日系企業における賃金事情
3.タイの日系企業がカンボジアでワーカーを活用する方法
4.化粧品業界の中小企業がアジア展開をする方法
5.(補足)タイの軍事クーデターの主役が首相に、9月から新内閣発足
2014.8 タイ国情報2014年7月
*日系企業の幹部、エンジニアの採用と育成
*日本からの技術移転と、研修を受けた実習生のタイでの採用
*タイにおける外国企業規制法、外国人の職業規制
*タイ国での経験を生かして海外で人材確保を
*(補足)タイのクーデターの歴史と民政化への動き
2014.7 タイ国情報2014年6月
*5/22タイのクーデターと日系企業への影響(前月の続き)
*タイのIT人材を育成する仕組みとミャンマーのIT教育
*カンボジア人労働者の緊急帰国とタイ労働省の幹部人事異動
*タイの中堅日系企業の後継者問題とタイ人技術者の募集について
2014.6 タイ国情報2014年5月
*AEC2015とタイの日系企業の経営戦略
*タイの自動車金型企業の人材育成と人材流出への対策
*タイに地域統括会社を持つ日系企業のアジア各国の人材の課題と対応
*タイのクーデターと現地進出日系企業の影響について
*その他、2011年の最低賃金の引き上げで生産性は上がったのか?
2014.5 タイ国情報2014年4月
*タイとカンボジアのIT教育の違い
*ラオスのIT化を支援するタイ企業の役割
*アジアの生産拠点拡大とタイの役割
*医療機器販売における現地パートナーと日本側の役割
2014.4 タイの産業高度化と日系企業の人材育成について
*日系企業のエンジニア採用と育成の課題
*タイ周辺国の技術向上とタイ企業の活用について
*政治の混迷による経済成長の鈍化と電力使用量、失業率について
*アジア域内での日本語人材の育成について

2014.3 反政府運動の影響と地方の日系企業のタイ進出について
*反政府運動が引き起こした総選挙妨害と日系企業団体の事業の中止について *タイの中小企業と日本の地方の地座産業との交流について
*タイの物流倉庫の高度化と自動化への流れについて
*タイ進出の中小企業の人材募集について
2014.2 タイの総選挙は2/2実施なるか、政治が混迷すると経済も低迷
*タイの反政府運動により国内消費は低迷に
*反政府に運動参加する中間層は工場労働者なのか
*労働集約産業における最低賃金引き上げの影響と経営効率化
*(参考)タイのリスクを避けてラオスに進出する日系企業
2014.1 タイの反政府運動の余波、省力化、労働力確保
*タイの反政府運動の余波と危機管理体制
*労働力コスト上昇と機械化の導入について
*労働力確保と工場の地方分散、国外展開
*(参考)ラオスの労働法施行への動き
2013.12 技術移転、年末の賞与交渉開始、タイの法制度
*日本からタイへの技術移転について
*活況を呈する自動車業界の年末賞与と労働集約型産業の工場閉鎖
*タイの法制度について
*(参考)タイの洪水、2011年の経験と2013年の事例
2013.11 ビザ・労働許可、リサイクル業と労務管理、タイの労働市場の動向
*ビジネスビザ、労働許可の延長について
*リサイクル業と労務管理について
*タイの労働市場の動向について
*(参考)タイ人を周辺国に派遣する条件(日系企業の間接型、技術移転)
2013.10 タイ日系企業の賃金決定、タイ進出の要因、雇用管理と企業運営
*2013年賃金調査発表会(8/1)
*電子部品業界のタイ進出を決める要因について
*ニット産業の雇用と受注について
*(参考)自動車部品業界の海外展開
2013.9 エンジニアリング会社の女性活用と日本の労働力不足業界の対応策について
*日系企業のタイ人従業員の意識調査、実施中
*タイと日本のエンジニアリング会社の人材育成(女性の活用)について
*日本のサービス業界の労働力(人手)不足と海外からの人材派遣
*(参考) カボジアで発生した労働争議について
2013.8 我が国のTPP交渉参加と、労働市場の開放
*中進国のわなから抜け出すには(タイと日本の工学系大学の連携について)
*日系自動車部品会社のミャンマー進出について
*外資規制が緩和された1997年の経済危機後の日系企業
*(参考)外国人労働、タイと日本との違いについて
2013.7 自動車部品業界、IT業界、サービス業界における人材確保と育成
*タイの自動車部品業界参入の条件(5/17BOI日系企業セミナーから)
*IT業界のタイ企業との提携可能性について
*設備業界のタイ進出について(単独ではなく、提携も)
*(参考)タイにおける中国語教育と日本語教育の違い
2013.6 2013.05 タイ経済、貿易輸出に陰りか
*タイ政府工業省DIP主催の日系企業セミナー(4/2)から(合弁か単独か)
*タイ政府がインフラ整備に2兆バーツもの資金を投入する狙い
*強いタイバーツの影響、貿易輸出に陰りか
*(参考)カンボジア進出の日系企業の課題、労働賃金の安さだけを狙ったのでは
2013.5 2013.4 タイの自動車業界の人材育成 3/13経済産業省+タイ工業省 説明会
*タイの労働者不足と周辺国への進出
*タイ中央銀行から見たアセアン経済共同体AEC2015とTPP
2013.4 2013.3 地方の縫製工場に労働者が復帰するのか
*タイの景気は引き続き良いのか―JCC景気討論会2013.2.11
*外資系、日系の人材紹介会社から見た経営管理の見方

2013.3 2013.2 タイの労働市場をとりまく状況の変化
*労働市場に供給される大卒の状況
*ミャンマーから流入する労働者の状況
*タイ政府投資委員会の新しい投資政策について
*(参考)最低賃金上昇によりレイオフ、または工場閉鎖をした事例
2013.2 2013.1 タイに進出する日系企業の課題など
*タイに進出する中小企業の課題について(その2)
*タイ国での国王や仏教徒をはじめとする宗教のプレゼンスの高さ
*駐在員の健康問題
*(参考)タイ国の日系大手企業のボーナス支給月数
2013.1 タイ国情報2012年11月―日本の地方からみた中小企業の海外進出
*AEC2015を踏まえた労働者市場について、2015年問題について
*地方から海外に進出する中小企業の情報収集とその課題について
*タイ人ワーカーにはびこる薬害について
2012.12 タイ国情報2012年10月―OVTA主催の人事労務セミナー開催
*日系企業向けセミナー報告;課題「労働力不足にどう対処するのか」
*海外に派遣される幹部の選定と育成について
*タイ人の創造性を生かしてエネルギー節約を
2012.11 タイ国情報2012年9月―地方都市からタイ進出する場合の情報収集
*自社製品、ブランドがある企業の海外進出
*得意先の要請で進出する中小企業U社と自らの判断で進出するT社
*洪水を経験した中小企業K社の復旧の原状紹介
*タイで働くためのヴィザVisa、労働許可の課題
2012.10 タイ国情報2012年8月―インターンシップと労働者不足への対応―
*電機業界のインターンシップ(新卒者採用の一環)
*タイは労働者不足かー日本企業の事例とその対策
*日本からタイの情報を入手される手法
2012.9 タイ国情報2012年7月―タイとその周辺国に進出うる予定の日系企業(その2)−
*労働集約産業(縫製部門)の事業継続策
*タイやアセアンに進出予定の日本企業の事例とその課題
*バンコク商工会議所(JCC)、賃金調査
2012.8 タイ国情報2012年6月−タイとその周辺国に進出する日系企業の動向−
*集団運営とトップダウン
*洪水後の復興需要の拡大と、省力化への取り組み状況
*ラオス、カンボジアに進出する日本の企業
2012.7 タイ国情報2012年5月−洪水への対応と国際競争力の強化−
*自動車業界200万台生産体制に向けた動き、自動車部品業界T社、S社の見方
*5/17 BOIセミナー「洪水への対応と国際競争力の強化」での議論と参加者の声
*日本からタイの企業にインターンシップとしてきた学生に取材
2012.6 タイ国情報2012年4月−最低賃金300バーツ時代への対応−
*今、タイ政府首脳は国民の所得引き上げをどう考えているのか?
*日系企業の最低賃金300バーツまたは40%引き上げへの対策、洪水対策
2012.5 タイ国情報2012年3月−最低賃金300バーツ時代への対応−(2012.4)
*今、タイ政府労働省は最低賃金の引き上げをどう考えているのか?
*日系企業の最低賃金40%引き上げへの対策
*労働コスト引き上げと生産性向上の課題
2012.4 タイ国情報2012年2月−洪水の克服の姿を通して学ぶ−(2012.3)
*今、タイの日系企業は何を考えているのか?-JCC景気討論会を通して
*2月に面談した日系企業(最低賃金引き上げ対策、事業継続への決断と実行)
*海外で考えたい、事業継続計画BCPの実施上の課題
2012.3 タイ国情報2012年1月−洪水の克服と新しい動き−(2012.2)
*タイ政府の水資源管理政策を含む投資条件整備の現状と課題
*洪水克服の過程で生じる労務面の課題、代替生産、サプライチェーンへの影響
*大洪水による従業員解雇とタイ労働省、洪水被災者と政府の支援策
2012.2 タイ国情報2011年12月−洪水からの復旧と新しい動き−(2012.1)
*タイ政府労働省の幹部は洪水の現状や2012年の最低賃金引き上げの企業の対策をどのように見て、政策を打ち出そうとしているのか?
*洪水被災企業とその取引先の実情
*労働者確保のため、タイからラオスに展開した縫製業 (C社)
2012.1 タイ国情報 −洪水と日系企業の状況−
*タイ政府の首脳は洪水の現状やその後の対策をどのように考えているのか?
*11/24の外国人特派員クラブでのキアッテイ副首相の講演から
*洪水被災企業の実情、4社のヒアリングから
*被災をしていないが、間接的な影響を受けた自動車部品製造業 S社
*タイ労働省の職業訓練施設
2011.12 タイ国情報 −洪水と日系企業の状況−
*自動車業界拡大の中での現地生産開始 S社の販売体制、販売員教育
*労働者の供給不足だと言われる地区で、労働者をどう確保するか E社
*ゴム金型製造業(中小企業)の労務政策 T社
*洪水と日系工業団地
*日系企業の洪水による3つの労務対策(内容)
2011.11 タイ国情報−日系企業へのインタビューから−(2011.10)
*タイの労働組合運動について
*ILO東南アジア担当、上席専門家の意見聴取
*日系自動車部品加工業 A社の考え方
*日系自動車部品会社 S社、2交代制から3交代制にするかどうか
*景気変動の調節に使った業務委託契約 光学機器製造業N社
*従業員確保と労働コスト上昇に悩む 縫製業界F社
*労働者不足に悩む物流管理行L社
*技術力で最低賃金引き上げに対応するO社
*都市型立地から抜け出せない縫製業の課題 K社
*労働者確保に最適な場所に立地した自動車部品製造会社 N社
*生産余力が出ない3交代制を2交代制の勤務体制に T社
2011.10 タイ国情報−タイ政府工業省と日系企業へのインタビューから−
・ 2011.9 タイ新政権の労働政策について タイ労働省幹部の意見聴取
・ 日経食品加工業(装置集約産業) N社の考え方、欧米の考え方
・ 日系農産物関係会社 K社 農民を通してタイ人の気質を
・ 労働者不足を2ヶ月で解消したT社 要は募集する賃金を8THB上げた
・ 日本式マネジメントを定着できるか A社
・ 日本式で海外の子会社を統括できるか F社
・ 自社工場を持つまでになった自動車部品製造業 J社 技術の定着には時間が
2011.9 タイ国情報−タイ政府工業省と日系企業へのインタビューから−
・ 2011.8 タイ新政府の労働政策について (最低賃金引き上げ)
・ 金融サービス業、15年間を経験して E社
・ 輸送機器販売会社T社、製造部門の検討はまだ先
・ 人材紹介業 J社 日系企業の採用希望とタイ人求職者のミスマッチ
・ 自動車部品商社M社が、現地製造会社の工場を建設
2011.8 タイ国情報−タイ政府工業省と日系企業へのインタビューから−
・ 2011.7 タイ政府工業省国際工業経済シニア専門家 Ms.Achariya Teratanapong
・ タイ人労働者を活用する日経縫製業 F社
・ チョンブリ・ラヨン地区日系企業の労働問題
・ 新しい形の海外進出、創業者日本人1名が事業継続を考えた I社
・ 会社創業時の課題と対策 S社
・ 金型製造業として、高度な技術が日本から伝承できるか T社
2011.7 タイ国情報−タイ政府労働省と日系企業へのインタビューから−
・ タイ政府労働省雇用局 Director Mr.BoonlertおよびMr.Anurak Tossarat
・ 日本の震災から生産調整を余儀なくされた自動車部品製造業 K社
・ 外国人労働者を活用する縫製業界
・ ラオス進出を計画する自動車部品製造業 A社
2011.5.23 日本の親会社倒産後の日本人社員との雇用契約
自動車部品業界における労働者不足の現状は!?
自動車業界の部品不足による操業率低下の懸念



雇用労働・職業訓練


PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerという閲覧ソフトが必要です。
下記のアイコンからダウンロードしてご利用ください。(無償)
Get Reader

報告書・事例集

出版物

日本人対象

  • 人づくりハンドブック タイ(2002)
  •   
  • 続・必読海外派遣心得帖(2001)
  • 海外派遣者のための外国語 タイ語(1999)
  • 必読海外派遣心得帖(1996)
  • タイの人々(1993)

タイ人対象

  • はたらくひとのにほんご/生活編 タイ語(2002)
  • はたらくひとのにほんご/仕事編 タイ語(2002)
  • 知りたい使いたい日本語 タイ語(1999)
  • けんしゅうせいのためのにほんご タイ語(1993)

    *出版物のご購入についてはこちら>>

リンク

▲ ページトップへ