各国・地域情報

インドネシア

<次の記事へ
作成年月日:2018年10月
インドネシア共和国

海外情報プラス

インドネシア国情報2018年9月

今月のテーマ

「インドネシアのミレニアル世代」


近年、ミレニアル世代という言葉をインドネシアでもよく耳にするようになりました。ミレニアル世代とは1980年代から2000年代初頭にかけて生まれた世代のことをいうことが多く、年齢にすると15歳から34歳の若い人たちを指しています。彼らはインターネットが普及した環境で育った最初の世代で、情報リテラシーに優れ、多様な価値観を受け入れやすい傾向があるといわれています。2億6,000万人の人口をかかえるインドネシアでは、その30%以上にあたる8,000万人ほどがミレニアル世代です。世界ではこのミレニアル世代に関する調査が進められてきた一方で、これまでインドネシアではミレニアル世代についての調査はあまり行われませんでした。一般的に、以前の世代の人たちからは、ミレニアル世代が自分たちの世代と比較して特徴的なためどのように扱ったらよいのか分からないという声が聞かれます。そこで、これからのインドネシアの政治、社会、経済の成長を国民の中心となって牽引していく立場にあるミレニアル世代について、次の5つの側面からその特徴を考察していきたいと思います。

 

1.宗教観

インドネシアは、イスラム教徒の人口として世界最大の国ですが、宗教国家ではなく民主国家として成り立っています。これこそがインドネシアの建国者がすべての国民を守るための国の原理原則として定めたパンチャシラと呼ばれる建国五原則です。ですが、ソーシャルメディアの登場により個人の情報がオープンになると、それぞれの思考が表面に現れる機会が増え、衝突が発生するリスクが高まっています。異なる宗教を信仰する国民がインドネシアという国で共存していくために、ミレニアル世代がどのような宗教観を持っているのか、保守的なのか、穏健的なのか、世俗的なのか。また国家と宗教の関係についてどのような考え方を持っているのか、以前の世代と比較して宗教観は変わってきているのかを把握することは非常に重要といえます。

 

2.政治参画

インドネシアの政治においては、国政で実際に起こっていることを若い世代がどのように見ていて、どの程度の人たちが政治に参加しているかが重要といえます。2014年の調査によると、インドネシアの若い世代の有権者は政治への関心が薄く、また支持政党を頻繁に変えているということが分かりました。よく批判されることとして、現在の若い世代は愛国心やナショナリズムを失ったという見方がされています。ですが、アジア大会やサッカーの国際試合を観戦しているとそれが間違っていることが分かります。また、隣国にインドネシアの国家シンボルが中傷されると、ソーシャルメディアを介して国民と国家の尊厳を守ろうと強く反応している姿を見ることがあります。今年、行われた統一地方選挙、2019年に予定されている大統領選挙でミレニアム世代が政治においても積極的に関わっていく姿勢が期待されています。

 

3.社会価値

若い世代が家族をどのような意味として捉えているのかを知ることも重要です。以前の世代と比較して核家族化が進んだ社会で育ったミレニアル世代が、子供と親の関係をどのように考えているのか、両親は彼らにとってのロールモデルなのか、他の家族にロールモデルを求めているのか。調査によるとミレニアル世代の結婚観は変化してきており、晩婚化が進んでいるといいます。彼らの考え方は柔軟で、より現代的で西洋的な社会価値を適用しています。

 

4.教育、就労、起業

昔から若い世代が直面している最も大きな課題として教育と就労があげられます。この2つは彼らの将来に直結しており、若いときにどのような教育と就労をしてきたかによって将来の生活に大きな影響を与えます。ミレニアル世代は十分な教育環境で育ったため創造的だと言われています。そのため、現在は起業もひとつの手段として選ばれるようになり、卒業後は就職先を探すことなく、ビジネスの機会を探り、起業の世界に入っていく人たちも増えています。インドネシアの投資市場では2017年の投資市場の投資家の4分の1以上にあたる110万人がミレニアル世代ということが分かりました。ですが、一方でこの強みが彼らを特別扱いさせてきたため、思うようにいかないと負い目を感じやすく、その結果として、ストレスや鬱になる傾向が高まってしまっているようです。

 

5.ライフスタイル、テクノロジー、インターネット

若い世代のライフスタイルは、特に大都市では享楽主義的な傾向があり、独自の表現手段を持っています。今や彼らの生活からはインターネットをはじめとするレジャーやテクノロジーを切り離すことはできません。インドネシアの若い世代のライフスタイルはどうか。どのような趣味やスポーツに興味があるのか。インターネットをはじめとするテクノロジーに対する若い世代の習慣や関わり方はどうか。そしてソーシャルメディアとの関係は。若い世代のライフスタイルの全容を理解するためには、彼らの観点を理解する必要があります。

 

 

これまでインドネシアを引っ張ってきた世代からミレニアル世代への世代交代は始まっています。国家と国民の将来にとって大きな役割を担うミレニアル世代は、多くの課題を抱えながらも多くの期待がかけられています。今後、インドネシアがますます世界に存在感を示すためにも、ミレニアル世代の特徴を活かした新しい社会のあり方が求められています。

 

以 上

<次の記事へ