各国・地域情報

インドネシア

作成年月日:2009年7月10日

雇用労働事情

2.1 労働市場の状況

2.1.1 過去3年間の労働力人口、就業者数、失業者数及び失業率

 2009年前半のインドネシアにおける労働市場は世界金融危機の影響を受けることなく、おおむね標準的な状況にとどまった。2009年2月における経済活動は国会議員選挙の影響を受け、多少、労働集約力は上昇した。表2‐1は2007年8月から2009年2月までの労働力状況の統計である。

表2‐1 労働力人口、就業者数、失業者数及び失業率   (単位:万人)
  2007年8月 2008年2月 2008年8月 2009年2月
15歳以上の人口 16,412 16,557 16,664 16,826
労働力人口 10,994 11,148 11,195 11,374
就業者 9,993 10,205 10,255 10,449
失業者 1,001 943 939 926
非経済活動人口 5,418 5,409 5,469 5,452
労働力率(%) 66.99 67.33 67.18 67.60
失業率(%) 9.11 8.46 8.39 8.14
不完全就業者 3,037 3,064 3,109 3,136
非自発的不完全就業者 1,460 1,460 1,492 1,500
自発的不完全就業者 1,547 1,605 1,617 1,636
※出典:
Badan Pusat Statistik, “Berita Resmi Statistik”, No.31(2009, May 15).

2.1.2 業種別労働者数

 2009年2月における総就業者数は1億449万人である。その大部分の41%が農業、林業、漁業に従事し、12%が製造業、4.4%が建設業、20.4%が貿易業、5.6%が運輸業、倉庫業、通信業、1.4%が金融業、13%が公共事業、社会サービス業及び個人サービス業、1.2%が鉱業、電気・ガス・水供給業の主産業を含むその他の事業に従事している。

表2‐2 産業別労働者数     (単位:万人)
産 業 2007年8月 2008年8月 2009年2月
農業、林業、狩猟業、漁業 4,121 4,133 4,303
製造業 1,237 1,255 1,262
建設業 525 544 461
貿易業 2,055 2,122 2,184
運輸業、倉庫業、通信業 596 618 595
金融業 140 146 148
公共事業、社会サービス業、個人サービス業 1,202 1,310 1,361
その他の事業
(鉱業、電気・ガス・水道業の主産業を含む)
117 127 135
合 計 9,993 10,255 10,449
※出典:
Badan Pusat Statistik, “Berita Resmi Statistik”, No.31(2009, May 15).

2.1.3 新規学卒者の就職状況

 2007年、2008と比較し、2009年の仕事に関連する学校教育についての統計は以下のとおりである。小学校(6年間)の卒業者と中退者は53%であり、インドネシアにおいてはいまだに主な労働力となっている。「小学校」欄の数字は6年課程の修了者及び6年間の課程を修了前に中途退学した者を含む就業者の合計である。総労働人口のうち、中学校卒業者(3年間)は18.9%、高等学校卒業者(3年間)は、14.4%、また、職業専門高等学校卒業者(3年間)は6.8%、短期専門課程卒業者(1年、2年又は3年コースがある)は2.5%、大学校(学士、修士及び博士課程)に至ってはわずか4%である。

表2‐3 学歴別就業者数     (単位:万人)
学 歴 2007年8月 2008年8月 2009年2月
小学校(卒業者及び中退者) 5,637 5,533 5,543
中学校 1,883 1,904 1,985
高等学校 1,275 1,439 1,513
職業専門高等学校 579 676 719
短期専門課程
(1年、2年又は 3年コース)
260 266 266
大学校 360 415 422
合 計 9,993 10,255 10,449
※出典:
Badan Pusat Statistik, “Berita Resmi Statistik”, No.31(2009, May 15).

表2‐4 2007年、2008年及び2009年2月における学歴別失業率  (単位:%)
学 歴 2007年8月 2008年8月 2009年2月
小学校
(卒業生及び中退者)
4.59 4.57 4.51
中学校 10.73 9.39 9.38
高等学校 16.57 14.31 12.36
職業専門高等学校 21.00 17.26 15.69
短期専門課程
(1年、2年又は 3年コース)
13.26 11.21 15.38
大学校 13.61 12.59 12.94
合 計 9.11 8.39 8.14
※出典:
Badan Pusat Statistik, “Berita Resmi Statistik”, No.31(2009, May 15).

2.1.4 職種別技能労働者数

 職業別技能労働者数の資料はないが、下記資料は、産業別の高等学校教育以上の就業者からの統計であり、高卒以上の就業者数はおよそ24.7%の2,473万1,083人である。

表2‐5 高等教育以上の産業別就業者数     (単位:人)
産 業 高等学校 短期大学 大学校
農業、林業、狩猟業、漁業 2,895,201 99,858 61,273
鉱業、採石業 191,804 16,758 27,128
製造業 3,196,612 197,351 253,805
電気・ガス・水道業 97,707 12,523 19,235
建設業 914,815 66,604 128,541
卸売業、小売業、
レストラン・ホテル業
5,354,865 441,673 347,074
運輸業、倉庫業、通信業 1,552,757 131,296 150,395
金融業、保険業、不動産業、
ビジネスサービス業
582,961 126,019 398,672
公共事業、社会サービス業、
個人サービス業
3,748,963 1,505,511 2,211,682
合 計 18,535,685 2,597,593 3,597,805
※出典:
Badan Pusat Statistik, http://www.bps.go.jp/

2.2 賃金

2.2.1 法定最低賃金の最近の動向

 摂政管区及び都市における最低賃金は、摂政長官及び市長により決定され、州レベルでは、知事が決定する。そのいずれの決定も政労使の三者からなる州賃金審議会(Province Wage Council)の決定に従う。現在、すべての都市及び州は、毎年、最低賃金を発表しており、州のいくつかは産業別最低賃金を発表している。産業別最低賃金の統計は未発表である。2008年及び2009年における各州の最低賃金は下記の表のとおりである。最高の上昇率に達したのは、南スラウェシ州の最低賃金であり、22.2%上昇している。

表2‐6 州別最低賃金     (単位:ルピア※1
No 州名 2008年最低賃金 2009年最低賃金 上昇率(%)
1 ナングロ、アチェ、 ダルサラム 1,000,000 1,200,000 20.0
2 北スマトラ 822,205 905,000 10.0
3 西スマトラ 800,000 880,000 10.0
4 リアウ 800,000 901,600 12.7
5 リアウ諸島 833,000 892,000 7.0
6 ジャンビ 724,000 800,000 9.1
7 南スマトラ 743,000 824,730 11.0
8 バンカ、 ブリトゥン 813,000 850,000 5.4
9 ベンクル 690,000 727,950 5.5
10 ランプン 617,000 691,000 11.9
11 西ジャワ 568,193 628,191 10.5
12 ジャカルタ 972,604 1,069,865 10.0
13 バンテン 837,000 917,500 9.9
14 中央ジャワ 547,000 575,000 5.1
15 ジョグジャカルタ 586,000 700,000 19.0
16 東ジャワ 500,000 570,000 14.0
17 バリ 682,650 760,000 11.4
18 西ヌサテンガラ 730,000 832,500 14.0
19 東ヌサテンガラ 650,000 725,000 11.5
20 西カリマンタン 645,000 705,000 9.3
21 南カリマンタン 825,000 930,000 12.7
22 中央カリマンタン 765,868 873,089 13.9
23 東カリマンタン 889,654 955,000 7.3
24 マルク 700,000 775,000 10.7
25 北マルク 700,000 770,000 10.0
26 ゴロンタロ 600,000 675,000 12.5
27 北スラウェシ 845,000 929,500 8.9
28 東南スラウェシ 700,000 770,000 10.0
29 中央スラウェシ 670,000 720,000 7.4
30 南スラウェシ 740,520 905,000 22.2
31 西スラウェシ 760,500 909,400 19.5
32 パプア 1,105,500 1,216,100 10.0
33 西イリアンジャヤ 1,105,500 1,180,000 6.3
※出典:
Ministry of Manpower and Transmigration of Republic of Indonesia,
“Provincial Minimum Wage”,
http://www.nakertrans.go.id/pusdatin.html,14,249,pnaker
※1
1,000インドネシアルピア=9.1413円(2009年7月10日現在)

2.2.2 賃金もしくは給与の実態調査結果

 2007年、2008年の産業別及び職業別賃金(又は給与)に関する調査報告書は統計局及び労働移住省の二者間で協力して作成されるが、未だ発表されていない。

表2‐7 産業別平均給与(2007年)     (単位:ルピア)
産 業 平均賃金
農業、林業、狩猟業、漁業 2,895,201
鉱業、採石業 1,910,804
製造業 3,196,612
電気・ガス・水道業 977,707
建設業 914,815
卸売業、小売業、レストラン・ホテル業 5,354,865
運輸業、倉庫業、通信業 1,515,757
金融業、保険業、不動産業、ビジネスサービス業 582,961
公共事業、社会福祉業、個人的サービス業 3,748,963
※出典:
Badan Pusat Statistik, http://www.bps.go.id/

2.2.3 役職別給与体系のサンプル

  1. 公務員及び政府職員基本給
    公務員及び政府職員の基本給は4等級に分かれており、最低レベルは1等級‐a、最高レベルは4等級‐eである。

    表2‐8 公務員及び政府職員の俸給表(2009年) (単位:ルピア)
    1等級
    Year a b c d
    0 1,040,000      
    1        
    2 1,065,000      
    3   1,124,300 1,200,600 1,221,400
    4 1,091,700      
    5   1,151,900 1,200,600 1,251,400
    6 1,118,500      
    7   1,180,100 1,230,100 1,282,100
    8 1,146,100      
    9   1,209,100 1,260,300 1,313,600
    10 1,174,100      
    11   1,230,800 1,291,200 1,345,800
    12 1,202,900      
    13   1,269,200 1,322,900 1,378,900
    14 1,232,500      
    15   1,300,400 1,355,400 1,412,700
    16 1,262,700      
    17   1,332,300 1,388,700 1,447,400
    18 1,293,700      
    19   1,365,000 1,422,700 1,482,900
    20 1,325,500      
    21   1,398,500 1,457,700 1,519,300
    22 1,358,000      
    23   1,432,800 1,493,500 1,556,600
    24 1,391,400      
    25   1,468,000 1,531,100 1,594,800
    26 1,425,500      
    27   1,504,100 1,567,900 1,010,900
    2等級
    Year a b c d
    0 1,320,300      
    1 1,336,500      
    2        
    3 1,369,300 1,427,300 1,487,600 1,550,600
    4        
    5 1,403,000 1,462,300 1,524,300 1,588,600
    6        
    7 1,437,400 1,498,200 1,561,600 1,627,600
    8        
    9 1,472,700 1,535,000 1,581,900 1,687,600
    10        
    11 1,508,800 1,572,700 1,639,200 1,708,500
    12        
    13 1,545,900 1,611,300 1,679,400 1,750,500
    14        
    15 1,583,800 1,650,000 1,720,700 1,793,400
    16        
    17 1,622,700 1,691,400 1,762,900 1,837,500
    18        
    19 1,662,500 1,732,900 1,806,200 1,882,600
    20        
    21 1,703,400 1,775,400 1,850,500 1,928,800
    22        
    23 1,745,200 1,819,000 1,895,900 1,976,100
    24        
    25 1,788,000 1,863,700 1,942,500 2,024,700
    26        
    27 1,831,900 1,909,400 1,990,200 2,074,400
    28        
    29 1,876,900 1,956,300 2,039,000 2,125,300
    30        
    31 1,923,000 2,004,300 2,089,100 2,177,500
    32        
    33 1,970,200 2,053,500 2,140,000 2,230,900
    3等級
    Year a b c d
    0 1,655,800 1,725,900 1,798,900 1,875,000
    1        
    2 1,696,500 1,768,200 1,843,000 1,921,000
    3        
    4 1,738,100 1,811,600 1,888,300 1,968,200
    5        
    6 1,780,800 1,856,100 1,934,600 2,016,500
    7        
    8 1,824,500 1,901,700 1,982,100 2,066,000
    9        
    10 1,869,300 1,948,400 2,030,800 2,116,700
    11        
    12 1,915,200 1,996,200 2,080,600 2,168,700
    13        
    14 1,962,200 2,045,200 2,131,700 2,221,900
    15        
    16 2,010,400 2,095,400 2,184,100 2,278,400
    17        
    18 2,059,700 2,146,900 2,237,700 2,332,300
    19        
    20 2,110,300 2,199,600 2,292,600 2,389,600
    21        
    22 2,162,600 2,253,600 2,348,900 2,448,200
    23        
    24 2,215,200 2,308,900 2,406,500 2,508,300
    25        
    26 2,269,600 2,365,600 2,465,600 2,569,900
    27        
    28 2,325,300 2,423,600 2,526,200 2,633,000
    29        
    30 2,382,400 2,483,100 2,588,200 2,697,600
    31        
    32 2,440,800 2,544,100 2,651,700 2,763,900
    4等級
    year a b c d e
    0 1,954,300 2,036,900 2,123,100 2,212,900 2,306,500
    1          
    2 2,002,300 2,086,900 2,175,200 2,267,200 2,363,100
    3          
    4 2,051,400 2,138,200 2,228,600 2,322,900 2,421,200
    5          
    6 2,101,800 2,190,700 2,283,300 2,379,900 2,480,600
    7          
    8 2,153,400 2,244,500 2,339,400 2,438,300 2,541,500
    9          
    10 2,206,200 2,299,500 2,396,800 2,498,200 2,621,000
    11          
    12 2,260,400 2,356,000 2,455,700 2,559,500 2,667,800
    13          
    14 2,315,900 2,413,800 2,515,900 2,622,400 2,733,300
    15          
    16 2,372,700 2,473,100 2,577,700 2,686,700 2,800,400
    17          
    18 2,431,000 2,533,800 2,641,000 2,752,700 2,869,100
    19          
    20 2,490,700 2,596,000 2,705,800 2,820,300 2,939,600
    21          
    22 2,551,800 2,659,700 2,772,200 2,889,500 3,011,700
    23          
    24 2,614,400 2,725,000 2,840,300 2,960,400 3,085,700
    25          
    26 2,678,600 2,791,900 2,910,000 3,033,100 3,161,400
    27          
    28 2,744,400 2,860,500 2,981,500 3,107,600 3,239,000
    29          
    30 2,811,800 2,930,700 3,054,700 3,183,900 3,318,500
    31          
    32 2,880,800 3,002,600 3,219,600 3,262,600 3,400,000
    ※出典:
    Government Regulation No. 8, 2009, “The Wage of Government Staff”.
    ※出典:
    President Regulation No. 12, 2006, “General Allowances for Public Services”.

     公務員及び政府職員の基本給は4等級に分かれており、基本給に加えて次のような手当がある。
    1. 一般手当
      • 4等級・・・・・・・・・・・・190,000ルピア
      • 3等級・・・・・・・・・・・・185,000ルピア
      • 2等級・・・・・・・・・・・・180,000ルピア
      • 1等級・・・・・・・・・・・・175,000ルピア
    2. 食料(米)手当及び現物給付
    3. 職務手当
      1. 広報業務手当
        1. 広報専門職員
          • 広報機関上級専門職員・・・・・550,000ルピア
          • 広報機関中級専門職員・・・・・330,000ルピア
          • 広報機関初級専門職員・・・・・220,000ルピア
        2. 広報関連技術職員
          • 広報管理職員・・・・・・・・・264,000ルピア
          • 広報一般上級職員・・・・・・・220,000ルピア
          • 広報一般職員・・・・・・・・・197,000ルピア
          • 若手一般職員・・・・・・・・・183,000ルピア
      2. 事務職員及び図書館員(司書職員)
        1. 事務職員
          • 主管事務職員・・・・・・・・・550,000ルピア
          • 中間管理職事務職員・・・・・・413,000ルピア
          • 若手事務職員・・・・・・・・・303,000ルピア
          • 初級事務職員・・・・・・・・・202,000ルピア
        2. 技術系事務職員
          • 管理職事務職員・・・・・・・・220,000ルピア
          • 幹部事務職員・・・・・・・・・202,000ルピア
          • 一般事務職員・・・・・・・・・197,000ルピア
        3. 専門図書館員
          • 主管司書職員・・・・・・・・・550,000ルピア
          • 中級司書職員・・・・・・・・・413,000ルピア
          • 若手司書職員・・・・・・・・・303,000ルピア
          • 初級司書職員・・・・・・・・・202,000ルピア
        4. 技術系司書職員
          • 管理職司書職員・・・・・・・・220,000ルピア
          • 中間管理職司書職員・・・・・・202,000ルピア
          • 幹部司書職員・・・・・・・・・197,000ルピア
    4. 大学教員職務手当
      • 教授・・・・・・・・・・・・・990,000ルピア
      • 准教授長・・・・・・・・・・・709,000ルピア
      • 准教授・・・・・・・・・・・・552,000ルピア
      • 専門助講師・・・・・・・・・・297,000ルピア

      【補助手当】

      1. 大学長
        • 教授・・・・・・・・・・・・・4,500,000ルピア
        • 准教授長・・・・・・・・・・・4,050,000ルピア
      2. 副学長及び施設長
        • 教授・・・・・・・・・・・・・3,500,000ルピア
        • 准教授・・・・・・・・・・・・3,100,000ルピア
      3. 補佐手当(施設長、議長、職業訓練校長、学部長)
        • 教授・・・・・・・・・・・・・2,500,000ルピア
        • 准教授長・・・・・・・・・・・2,150,000ルピア
        • 准教授・・・・・・・・・・・・1,800,000ルピア
      4. 副学長
        • 教授・・・・・・・・・・・・・1,500,000ルピア
        • 准教授長・・・・・・・・・・・1,300,000ルピア
        • 准教授・・・・・・・・・・・・1,100,000ルピア
  2. 民間部門における管理監督者を含まない労働者の給与体系のサンプル
     表2‐9は、ほぼ全業種を網羅する、直近の5四半期の平均賃金額表であるが、各々の業種で、その水準額においても増加額においても大きな違いを示している。例えば、その他の化学及びゴム産業の平均賃金はレンガ及びタイル産業の平均賃金より3倍以上高く、タバコ産業の平均賃金の伸び率はプラスチック産業の賃金伸び率の4分の1以下であった。

    表2‐9 産業別生産・製造現場の労働者の月額名目賃金 (単位:ルピア)
    産 業 2007年
    1〜3月
    2007年
    4〜6月
    2007年
    7〜9月
    2007年
    10〜12月
    2008年
    1〜3月
    製造業 1,006,200 1,003,700 1,021,000 1,053,900 1,148,100
    ホテル業 966,200 925,600 947,500 1,042,600 1,134,100
    石油以外 3,347,800 3,207,000 3,719,900 3,914,900 3,501,300
    食品産業 932,200 926,200 938,100 903,200 1,011,000
    基本食品産業 1,279,500 1,179,000 1,209,800 1,096,000 1,243,100
    加工食品産業 823,200 957,100 875,400 765,800 951,200
    タバコ産業 803,100 739,800 778,800 808,200 850,500
    その他の食品産業 1,242,700 1,178,700 1,093,600 1,256,200 971,800
    織物・繊維産業 833,700 953,000 891,700 972,200 1,045,200
    基本織物・繊維 産業 779,600 846,100 771,300 799,600 956,000
    下着繊維産業 862,400 1,018,200 960,600 1,082,100 1,139,100
    その他の織物・ 繊維産業 948,600 1,143,500 1,191,000 1,219,000 1,105,600
    製材業 1,020,400 918,000 891,700 972,200 1,045,200
    加工木材業 1,004,700 930,800 883,400 938,800 1,203,200
    家具製造業 1,066,800 865,000 820,600 895,500 882,700
    製紙業、印刷業 1,621,600 1,256,500 1,474,300 1,581,500 1,226,800
    製紙業 2,982,900 1,052,800 1,710,300 1,725,400 1,379,500
    印刷業 1,247,400 1,260,100 1,546,600 1,546,600 998,400
    化学・ゴム産業 1,175,300 1,150,700 1,174,400 1,232,600 1,325,500
    ゴム産業 1,119,300 1,120,900 1,264,200 1,191,000 1,194,800
    プラスチック産業 860,000 796,300 764,200 743,800 1,111,000
    その他の化学・ゴム産業 1,349,700 1,385,500 1,266,600 1,640,200 1,729,400
    非金属鉱物産業 730,900 708,700 620,300 647,900 963,800
    レンガ・タイル 製造業 416,900 435,600 433,000 399,800 480,100
    セメント・ 石灰製造業 1,051,000 946,700 818,700 713,700 1,266,800
    その他の非金属産業 1,051,000 946,700 818,700 817,000 1,148,900
    金属産業 1,075,800 1,154,500 1,259,400 1,235,200 1,861,400
    その他の産業 876,300 865,700 803,200 886,100 1,394,300
    ※出典:
    Badan Pusat Statistik, “Statistik Upah Wage Statistice 2008”.

    表2‐10 大規模・中規模製造工業の生産・製造現場の労働者の月額名目賃金
    (単位:ルピア)
    大規模・ 中規模施設 2007年
    1〜3月
    2007年
    4〜6月
    2007年
    7〜9月
    2007年
    10〜12月
    2008年
    1〜3月
    大規模施設 労働者100名以下 1,046,800 1,037,600 1,057,700 1,078,800 1,210,500
    食品業 990,100 963,300 977,100 944,300 1,079,800
    織物・繊維業 845,200 972,400 911,600 1,009,200 1,071,700
    製紙業、化学産業 1,298,800 1,195,000 1,272,600 1,277,400 1,344,300
    非金属鉱物産業、金属産業 1,095,700 1,155,600 1,264,800 1,229,100 1,666,100
    その他の産業 1,025,800 930,200 872,900 929,500 1,324,300
    中規模施設 労働者20〜99名 746,800 767,600 729,300 866,000 853,500
    食品産業 676,800 743,600 727,700 694,700 772,200
    織物・繊維産業 702,700 796,200 720,200 638,300 824,600
    製紙業、化学産業 1,055,100 870,200 816,100 1,682,400 1,071,100
    非金属鉱物産業、 金属産業 675,600 733,400 685,200 751,200 819,500
    その他の産業 866,800 723,800 734,300 864,600 884,800
    ※出典:
    Badan Pusat Statistik, “Statistik Upah Wage Statistice 2008”.

    表2‐11 地域別の生産・製造現場の労働者の月額名目賃金
    (単位:ルピア)
    主な地域 2007年
    1〜3月
    2007年
    4〜6月
    2007年
    7〜9月
    2007年
    10〜12月
    2008年
    1〜3月
    西ジャワ、ジャカルタ、バンテン          
    食品産業 1,862,600 1,725,900 1,717,100 1,387,100 1,146,800
    織物・繊維産業 995,100 1,141,400 1,120,800 1,216,000 1,281,800
    製紙業、化学産業 1,287,800 1,164,200 1,218,900 1,411,800 1,472,100
    非金属産業、非金属鉱物産業 1,060,100 1,151,100 1,453,800 1,390,300 1,343,000
    その他の産業 1,277,400 1,016,300 1,010,800 1,077,100 1,746,700
    中央ジャワ、ジャカルタ          
    食品産業 594,400 687,500 741,400 601,200 774,400
    織物・繊維産業 739,400 782,300 687,600 720,700 795,500
    製紙業、化学産業 805,800 839,900 752,500 733,700 935,200
    非金属産業、非金属鉱物産業 759,100 714,800 587,800 602,900 656,100
    その他の産業 598,600 591,300 582,700 599,500 664,500
    東ジャワ、バリ          
    食品産業 873,500 857,200 884,900 927,800 876,400
    織物・繊維産業 709,500 763,800 728,900 771,900 806,400
    製紙業、化学産業 785,200 704,200 669,800 626,300 1,043,000
    非金属産業、鉱物産業、
    金属産業
    940,200 852,400 755,500 719,800 1,267,800
    その他の産業 706,400 779,600 698,100 770,900 969,800
    その他のジャワ地区、バリ          
    食品産業 1,797,800 1,266,700 1,135,000 1,213,200 1,342,400
    織物・繊維産業 868,400 941,600 980,800 778,400 1,381,600
    製紙業、化学産業 1,880,700 1,758,300 1,818,600 1,684,400 1,480,300
    非金属産業、鉱物産業、
    金属産業
    1,463,200 1,673,100 1,996,500 1,959,500 1,798,000
    その他の産業 1,213,300 1,044,900 1,045,000 1,122,500 1,397,400
    ※出典:
    Badan Pusat Statistik, “Statistik Upah Wage Statistice 2008”.

2.3 労働時間の現状

 官庁、民間企業、銀行の労働時間としては、月〜金曜(週5日制)、午前8〜12時まで就業し、1時間の昼休憩後、午後1〜5時まで就業するのが一般的である。製造業で三交代制の場合は、午前の部が午前6時〜午後2時まで、午後の部が午後2時から夜10時まで、夜間の部は夜10時から翌朝6時までとなる。二交代制の場合は、午前7時〜午後3時まで、午後3時〜夜11時までとなる。小都市では、週6日制を採用している民間企業及び官庁もあるが、労働者の週当たりの労働時間は40時間とされている。通常、労働時間が変更されることはない。しかしながら、労働時間は35時間以上となる傾向にある。2009年2月時点では、週当たりの総労働時間が35時間以上の労働者は、フルタイム労働者と呼ばれており、労働者の約66.98%、7,312万人である。労働時間が週8時間以下の労働者は、労働者の約1.51%で、158万人であり、減少傾向にある。

表2‐12 労働時間別労働者数   (単位:万人)
週当たりの労働時間 2007年8月 2008年8月 2009年2月
 1〜34時間 3,037 3,064 3,136
 1〜7時間 105 123 158
 8〜14時間 417 441 497
 15〜24時間 1,098 1,109 1,143
 25〜34時間 1,417 1,423 1,338
 35時間以上 6,956 7,141 7,312
 労働者数 9,993 10,255 10,449
※出典:
Badan Pusat Statistik, “Berita Resmi Statistik”, No.31(2009, May 15).

2.4 労使関係の現状

2.4.1 労働組合の現状

 インドネシア政府が「結社の自由に関するILO協定、第87条」を批准し、「労働者組合(又は労働組合)に関する法令第21条(2000年)」を発表後、地方労働事務所には92の労働者組合連合(又は労働組合連合)が登録された。しかしながら、2008年5月の国家開発庁長官の最新の報告書では、状況は次のとおりである。3大労働者組合連合(又は労働組合連合)又はその他の連合あるいは連盟に加入してない組合がある。法規では労働者10人以上で労働組合を結成することができ、同一企業内での複数の組合結成も可能である。結社が自由であることは、時には組合を弱体化させることもあるが、企業にとってはすべての組合との協議を強いられることにもなる。2007年の総労働者数は9,993万217人のうち、労働組合加入者数は、総労働者の約3.25%、340万6,022人である。

  1. 全インドネシア労働組合連合(KSPSI)
     KSPSIインドネシア最古の連合であり、1981年から2003年まで政府に活動を認可された唯一の連合である。
    No. 組合の名称 組合数 組合員数
    1 全インドネシア労働者組合 2,982 287,962
    2 タバコ、飲料、食品労働者組合連盟 546 280,661
    3 金属、電気、自動車労働者組合連盟 408 276,861
    4 繊維、衣料、皮革労働者組合連盟 248 181,681
    5 化学、エネルギー、鉱山労働者組合連盟(SPSI) 348 138,048
    6 製紙、パルプ労働者組合連盟 307 110,604
    7 木材、森林労働者組合連盟 229 82,683
    8 輸送労働者組合連盟 701 67,212
    9 商業、銀行、保険労働者組合連盟 335 49,129
    10 旅行、レストラン労働者組合連盟(SPSI) 269 42,538
    11 印刷、マスメディア労働者組合連盟(SPSI) 113 30,698
    12 医薬、医療労働者組合連盟(SPSI) 108 24,572
    13 KSI労働者組合連盟 68 14,354
    14 建築、建設労働者組合連盟 98 10,107
    15 インドネシア金属労働者組合連盟 21 3,587
    16 海上輸送労働者組合連盟 - 681
      合 計 6,779 1,601,378
    ※出典:
    Andi Syahrul, “Director of Industrial Relation Development Report” (2008, May 15).

  2. インドネシア労働組合連合(KSPI)
     KSPIは当初、2003年2月に設立された。
    No. 組合の名称 組合数 組合員数
    1 教員組合 68 126,096
    2 化学、エネルギー、鉱山及び一般労働者組合連盟 257 109,518
    3 金属、電気、自動車労働者組合連盟 263 105,672
    4 木材、森林、労働者組合連盟 155 82,077
    5 インドネシア労働者協会 56 20,586
    6 医薬、医療労働者組合連盟 45 11,964
    7 旅行、ホテル、レストラン労働者組合 29 2,432
      合 計 973 458,345
    ※出典:
    Andi Syahrul, “Director of Industrial Relation Development Report” (2008, May 15).

  3. インドネシア福祉労働組合連合(KSBSI)
    No. 組合の名称 組合数 組合員数
    1 インドネシア福祉労働組合 1,312 209,931
    2 インドネシア繁栄FA労働組合連盟 80 10,921
    3 労働者組合連盟(KUI) 35 7,303
    4 衣料、繊維連盟 25 6,780
    5 化学、医療(SBSI) 30 5,211
    6 労働組合連盟 21 4,563
    7 旅行、ホテル、労働組合連盟 27 3,474
    8 金属、電気労働組合連盟 7 3,350
    9 労働組合連盟 - 3,188
    10 商業、金融業、銀行労働組合連盟 22 1,701
    11 鉱業、探鉱連盟 (SBSI) - 223
    12 FISDIKARI-SBSI - 25
      合 計 1,559 337,670
    ※出典:
    Andi Syahrul, “Director of Industrial Relation Development Report” (2008, May 15).

  4. 連合非加盟の連盟
    No. 組合の名称 組合数 組合員数
    1 国家労働者組合 446 367,032
    2 BUN労働者組合連盟 258 215,937
    3 SARBUMUSI 321 96,004
    4 FSP BUMN 170 58,547
    5 GASBINDO 132 27,199
    6 KBKI 56 16,358
    7 GASPERMINDO 68 14,035
    8 GOBSI 21 12,190
    9 SBDSI 42 12,108
    10 SBSI 92 76 8,708
    11 PPMI 80 8,707
    12 FNPBI 63 7,411
    13 SPKP 47 6,140
    14 FSPI Reformasi 28 5,576
    15 FSPM 19 5,464
    16 SPRI 12 4,859
    17 GSPM 9 4,786
    18 KBM 11 4,616
    19 SBMNI 8 4,051
    20 ASOKADIKTA 7 4,003
      合 計 1,864 883,781
    ※出典:
    Andi Syahrul, “Director of Industrial Relation Development Report” (2008, May 15).

  5. いかなる連合にも加入してない労働者組合(又は労働組合)
    No. 組合の名称 組合数 組合員数
    1 FSBI 93 8,445
    2 PBDI 41 6,663
    3 SP MERDEKA 21 6,412
    4 SPBSI 10 5,936
    5 Unity of Struggle Labour 11 3,599
    6 SP PANTURA 25 3,378
    7 FSBSK 20 2,435
    8 KASBI 66 1,428
    9 SBJ Perjuangan 6 1,359
    10 SB JABOTABEK 5 850
    11 SP PERBUMI 5 637
    12 SBL - 240
    13 SBMI 5 236
    14 SBSU - 27
      合 計 174 26,537
    ※出典:
    Andi Syahrul, “Director of Industrial Relation Development Report” (2008, May 15).

  6. 連盟に加入してない企業内労働者組合(又は労働組合)
    組合の名称 組合数 組合員数
    企業内組合 437 97,924
    ※出典:
    Andi Syahrul, “Director of Industrial Relation Development Report” (2008, May 15).

2.4.2 労働争議の現状

 2004年1月14日に産業関連紛争の解決に関する法令第2号は公布され、2006年1月14日に施行された。労働争議の解決方法には、(a)調停、仲裁、斡旋(b)労働裁判所を通じた裁定の2つの方法がある。労働争議には、権利に関する争議、利害に関する争議、解雇に関する争議、組合間の紛争に関する争議の4種類がある。
 産業関連の争議が生じた場合、使用者と労働者の二者間で、30日程度で争議を解決する。交渉で話し合いがつく場合は、相互協定を結び、両者が署名することになる。両者が合意に至らない場合は、その争議は地方労働事務所に持ち込まれ、斡旋又は調停により解決が図られる。両者が調停又は仲裁を選択しない場合は、仲裁人に問題の解決を依頼し、仲裁人は両者に提案を行う。両者もしくは一方が、その提案を拒否した場合は、一方の当事者はその職場の所在地にある地方裁判所の産業関係裁判所(労働裁判所)に提訴することができる。
 2006年から22の州に産業関係裁判所が置かれている。現在、バンダ・アチェ、北スマトラ、西スマトラ、ペカンバル・リュウ、タンジュン・ピナン・リュウ諸島、ジャンビ、ランプン、ベンクル、南スマトラ、ジャカルタ、バンテン、西ジャワ、ジョグジャカルタ、東ジャワ、中央スラウェシ、スラウェシ、北スラウェシ、南東スラウェシ、西スラウェシ、ゴロンタロ、バリ、北マルク、マルク、西パプアである。労働者の多くは低学歴であるため、未だ産業関係裁判所の手続きを認知するに至っていない。
 西スマトラのNGOパダン、西スマトラのデータでは、2008年に34件、23の企業の1,208人の労働者が関わった労働争議が発生した。これらの争議は、大半が解雇に関する19件であり、賃金に関する6件、宗教祝日の手当に関する1件、社会保障に関する1件、退職給付金に関する1件、労働者の地位に関する5件、職場環境に関する1件であった。
 西ジャワのバンドンの産業関連争議裁判所の運営管理官によれば、2006年3月27日から2007年2月14日までに275件の訴訟が登録され、そのうち222件が労働者側から申し立てられ、28件が雇用者側から申し立てられた。これらの訴訟のうち、解雇に関する争議が241件、権利に関するものが6件、利害に関するものが22件、組合間の訴訟に関するものが1件であった。

表2‐13 労働争議件数(2007年度)
件 数
1月 4
2月 20
3月 25
4月 10
5月 22
6月 22
7月 16
8月 10
9月 5
10月 7
11月 16
12月 33
合 計 190
※出典:
Ministry of Manpower and Transmigration of Republic of Indonesia,
“Number of Industrial Relation Cases, 2007”,
http://www.nakertrans.go.id/pusdatin.html,17,237,pnaker

2.5 募集、採用、雇用、解雇の現状

2.5.1 就業規則の例等

  1. 募集、採用
    【採用時の労働協約の例】
    最低年齢は18歳で、企業側の条件が記載されている応募書類に記入し、企業側が行う試験に合格しなければならない。また企業側が指定する医師の健康診断書が必要である。候補の労働者は、企業が行うオリエンテーションに出席する必要がある。2003年労働法第13号には、労働者の最低年齢は15歳とある。
    本採用候補者は3か月の試用期間を終了しなければならない。
  2. 雇用契約の終了
    雇用契約は、以下の理由の場合に終了することができる。
    1. 辞職
    2. 死亡
    3. 解雇
    4. 試用期間中で事前に書面で条件付けられている場合
    5. 無規律な行動
    6. 事業の廃止

    表2‐14 解雇件数(2007年)
    件 数 労働者数
    1月 41 104
    2月 6 789
    3月 10 4,546
    4月 6 9,641
    5月 498 2,758
    6月 387 2,572
    7月 713 1,596
    8月 423 1,287
    9月 384 977
    10月 512 3,109
    11月 77 108
    12月 195 830
    合計 3,252 28,317
    ※出典:
    Ministry of Manpower and Transmigration of Republic of Indonesia,
    “Number of Striked Wokrkers, 2007”,
    http://www.nakertrans.go.id/pusdatin.html,17,238,pnaker

2.6 転職の現状

 多くの企業が労働者を一度解雇の上、契約社員として再雇用するか、又は派遣労働者として雇用する傾向がある。国営企業で新規採用する場合、2年間の契約社員として雇用した後に正社員として雇用する場合が多い。2003年労働法第13号では、特定期間の契約は一定の条件下に限定されているが、企業によっては、新規採用時に特定期間の契約をする雇用形態を利用しており、この脱法行為がみられる。
 いくつかのデータによれば、全労働者の60〜70%が契約社員であるといわれている。2003年労働法第13号の公布により派遣労働者制度が合法化されて以来、契約社員及び派遣労働者制度を利用した雇用形態が急増している。しかしながら、産業が成長するにつれ、より高度な専門性を必要とする職業については募集が多い傾向にあり、労働市場における需要と供給の不均衡が生じている。その他の転職状況として、下着生産のような大規模製造工場が、ジャカルタ、ベカシ、タンゲランといった都市よりも最低賃金額の低い都市に生産拠点を移動する傾向がみられる。

2.7 その他の雇用慣行

2.7.1 企業の慣行

  1. 南スラウェシにあるニッケル採掘業の2006〜2008年労働協約
    • 生活手当
       企業は、非正規労働者に生活手当を1カ月当たり最大150万ルピア支給する。ただし、この手当は家計を補助する意味合いのもので、出勤率に連動して増減し、給与の構成要素ではないことと、恒常的に毎月払われるものでないことを前提としている。
    • 職務手当
       労働者が上の地位(上級)の職務を1日8時間以上担当した場合、企業は担当者(当該労働者)に対してその上の地位(上級)の最低賃金を支払う。
    • 交代勤務手当
       交代勤務の場合、企業は労働者に対して夕方の交代の場合は、基本給の7.5%、夜間の交代の場合は基本給の15%の割増賃金を支払う。ただし、午前(中)の交代の場合は交代手当はない。
    • 日曜勤務の割増賃金
       日曜勤務の場合、労働者は勤務当たり7,500ルピアの手当が支給される。
    • 追加食事手当
       夜間勤務の場合は、労働者は1晩当たり1万5,000ルピアの手当が支給される。
    • 年次休暇手当
       労働者は年次休暇につき、基本給の1カ月分の年次休暇手当が支給される。
    • 利益配分
       四半期ごとに健康、安全の観点から計算し、利益配分が行われる。3か月間、勤務不能となる障害事故が発生しない場合は、定額の120%として計算される。死者がでる事故があった場合は、定額の80%として計算される。
    • 勤続手当
       6年以上勤務の場合、企業は1年ごとに1,500ルピアが支給され、毎年累積される。
    • 住宅手当
       住宅を所有する3年以上勤務の正社員に対して、8万ルピアを補助する。
    • 出張
       企業は出張の場合、往復の旅費等必要経費を払う。
    • その他
       労働者及びその家族のための健康保険、生命保険、障害保険、年金プログラム等がある。
  2. デポックにある自動車内装品工場の2006〜2008年労働協約
    • 報奨金
       欠勤のない労働者に対して皆勤手当が支給される。「シフト1」、「シフト2」の労働者に対して交代手当を支給する。役職員への役職手当を支給する。過去3カ月間無事故の運転手に対して安全運転手当を支給する。4.5時間以上休日勤務する労働者に休日手当として2,000ルピアを支給する。
    • 食料手当(米手当)
       企業は正社員に対して、米20kgの現物支給を行う。現金では、お米に6万8,000ルピア、その他の食料に食事代として7万ルピアを支払う。
    • 通勤手当
       1日の出勤当たり、恒久的に7,000ルピアを労働者に支給する。
    • 食事の支給
       企業は、健康に配慮して「シフト1」及び「シフト3」の労働者に対して追加の食料(飲み物と軽食)を提供する。
    • 住宅取得に対する補助はない。
    • 宗教上の休祭日(クリスマス、ラマダン最終日)手当
       企業は年に1度、固定給1か月の手当を支給する。
    • スポーツ施設の提供
  3. デポックにある電池工場の労働協約
    • 年末ボーナス
       企業は労働者に対して基本給の55%の年末ボーナスを支給する。
    • 通勤手当
       出勤日数に応じ企業は通勤手当として月11万5,000ルピアを支給する。
    • 住宅手当
       企業は住宅手当として7万5,000ルピアを支給する。
    • 埋葬補助金
       従業員もしくは従業員の配偶者が死亡の場合、250万ルピアを支給する。子供が死亡の場合、125万ルピアを支給する。親又は義理の親が死亡の場合、企業は75万ルピアを支給する。
    • 宗教上の休祭日(クリスマス、ラマダン最終日)手当
       企業は年に1度、固定給の1.5カ月分を支給する。
    • 皆勤手当
       企業は月間無欠勤者に月毎4万ルピアを支給する。
    • 勤続手当
       勤続10年以上は3.5g、15年以上は7g、20年以上は9g、25年以上は11g、30年以上は16g、35年以上は20gの金をそれぞれ支給する。
    • 年金プログラム
       正社員全員に年金プログラムがある。
  4. 化学企業現地法人の労働協約
    • 宗教上の休祭日(クリスマス・ラマダン最終日)手当
       1年以上勤務のものに対し、企業は年1回、固定給の1か月分を支給する。
    • 企業は指定の場所から工場まで労働者の送迎を行う。
    • 企業は労働者に対して住宅手当を支給する。支給額は、職種によって異なる。
    • 交代手当としてシフト労働者に対し基本給の10%を支給する。
    • 労働者及びその家族に対し健康管理のための施設等の提供。
    • 生命保険及び傷害保険の提供。

参考文献

  1. Antra News. (n.d.).
    http://www.antaranews.com/
  2. Badan Pusat Statistik. (2009, May 15). Berita Resmi Statistik, No.31.
  3. Badan Pusat Statistik. (2009). Statistik upah wage statistice 2008.
  4. Government Regulation No. 8, 2009. (2009, January 16). Regarding the wage of government staff.
  5. Kompas.com. (n.d.)
    http://www.kompas.co.id
  6. Ministry of Manpower and Transmigration of Republic of Indonesia, Provincial minimum wage.
  7. http://www.nakertrans.go.id/pusdatin.html,14,249,pnaker
  8. President Regulation No. 12, 2006. (2006, MAY 11) Concerning general allowances for public services.
  9. P.T.Eインドネシア及びSP KEP PT.Eインドネシア労働組合間の労働協約(2008〜2010年)
  10. TURCチーム、労働裁判所訴訟手続き、労働組合のためのガイダンス(ジャカルタ2007年)
  11. インドネシア経済産業省局長報告(2008年5月15日発)
  12. 公務員の賃金に関する政府通達第8号(2009年1月16日発)
  13. 公務員の一般手当に関する大統領令第12号(2006年5月11日発)
  14. 職務手当に関する財務局長規約第SE-58/PB/2006号(2006年8月10日発)
  15. 負担に応じた食料(米)手当に関する財務局長規約第PER-50/PB/2006号(2006年9月21日発)
  16. 事務員及び図書館員(司書職員)職務手当に関する財務局長規約第 SE-76/PB/2006号(2006年8月10日発)
  17. 大学講師職務手当に関する財務局長規約第SE-93/PB/2006号(2006年8月10日発)

印刷用PDFページ

このページの内容をプリントアウトしたい方は、以下のPDFファイルをクリックしてください。

インドネシア-雇用労働事情のPDFファイル(498KB)

掲載されている内容をご利用になる際は、こちらを一読いただきますようお願いいたします。
各国の情報はPDFファイルでも作成されています。PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。ダウンロード・インストールする場合には、下のアイコンをクリックしてください。
Get Reader

▲ ページトップへ