各国・地域情報

インド

作成年月日:2013年1月

海外情報プラス

スズキ「スイフト」、世界販売300万台突破
インドでの販売比率45%

スズキの小型乗用車「スイフト」が、2004年の発売開始から8年2カ月となる2013年1月で、世界累計販売300万台を達成した。

「スイフト」は、スズキが得意とする小型車作りのノウハウと、スタイリッシュなデザイン、楽しく、スポーティーな走りへのこだわりや想いをこめた世界戦略車として、2004年11月より日本で生産・販売を開始した。

翌2005年、ハンガリー、インド、中国などでも生産・販売され、2012年3月からはタイにおいても生産・販売を開始した。現在では世界120以上の国と地域で販売され、世界累計販売300万台を達成した。

「スイフト」は、日本においては2006年次と2011年次の『RJCカーオブザイヤー』、『2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Most Fun」』を、世界の国々でも数多くのカーオブザイヤー賞を獲得するなど、高い評価を得ている。インドでは、2006年に『カーオブザイヤー2006』を受賞している。

2010年に行ったフルモデルチェンジでは、伸びやかで安定感を感じさせる洗練されたデザインを採用し、スイフトの特長である“気持ち良い走り”にさらに磨きをかけるとともに、環境性能も向上させるなど、新基準コンパクトとしてすべてを進化させた。

世界累計販売300万台のうち、約13%が日本、約45%がインド、約23%が欧州で販売されている。

IMFのインド成長率見通し、12年度4.5%
13年度5.9%、14年度6.4%へ

国際通貨基金(IMF)は1月23日に、世界経済見通し(WEO)2012年10月号の改訂版を発表した。

IMFは改訂版のなかで、「2013年の世界経済の成長率は、世界の低調な経済活動の根底にある種々な要素が弱まると予測されることから、上昇する見込みである。しかし、そ上昇幅は、2012年10月の世界経済見通し(WEO)で示された予測より、一段と緩やかなものになると考えられる」として、世界経済の成長率予想に関して、2013年3.5%、2014年4.1%へと、各々0.1%ポイント下方修正した。

新興市場および途上国・地域の成長率に関しては、2012年実績見込み5.1%に対し、2013年は5.5%、2014年は5.9%へ拡大すると予想している。しかし、2010〜2011年に記録した高成長率までの回復はないと判断している。

 アジア途上国・地域の成長率に関しては、2012年実績見込み6.6%に対し、2013年7.1%、2014年7.5%と予想している。このなかで、インドは2012年度見込み4.5%から、2013年度5.9%、2014年度6.4%へと回復傾向を辿ると予想している。

12年の到着ビザ発行数1万6千件
トップは日本人4千604件

12年に発行された到着ビザは前年比26%増の1万6千84件で、内訳は日本人(4千604件)、ニュージーランド人(3千150件)、フィリピン人(2千444件)、インドネシア人(2千426件)、シンガポール人(1千974件)、フィンランド人(914件)、ベトナム人(186件)、カンボジア人(157件)、ルクセンブルグ人(110件)、ミャンマー人(109件)、ラオス人(10件)。

空港別では、トップがデリー空港(9千596件)、次いで、ムンバイ空港(3千276件)、チェンナイ空港(2千273件)、コルカタ空港(939件)となっている。

12年12月単月では、前年同月比33%増の合計2千181件が発行された。内訳は、日本人(691件)、ニュージーランド人(505件)、インドネシア人(310件)、シンガポール人(256件)、フィリピン人(239件)、フィンランド人(104件)、ベトナム人(34件)、ミャンマー人(20件)、カンボジア人(13件)、ルクセンブルグ人(9件)、ラオス人(0件)。

インド政府は、外国人旅行者をインドへ引き寄せる策として、現地取得ビザ「Visa on Arrival(到着ビザ)」(VOA)制度を10年1月から日本、フィンランド、ルクセンブルグ、ニュージーランド、シンガポール5カ国の国民を対象にスタート。さらに11年1月から対象国を6カ国増やし、合計11カ国とした。新たに同制度に加えられた国は、カンボジア、ベトナム、フィリピン、インドネシア、ラオス、ミャンマー。

 

以 上