Overseas Vocational Training Association

 
 | 事業のご案内  | お問合せ  | リンク集  | サイトマップ 
 
TOPICS
 
2019.11.18 派遣前研修
「ベトナム 会計・税務のポイント/ビジネス法のポイント」
(1/30)
〜ベトナムでの健全な企業運営に必要な会計制度、税制、押さえておくべき法規制や対策を学びます。〜
2019.11.18 派遣前研修
「ベトナム 任国事情/人事・労務管理」(1/29)

〜ベトナムの国情と現地の人達と仕事を進める際の注意点について、経験豊富な講師が解説します。〜
2019.11.18 派遣前研修
「インドネシア 会計・税務のポイント/ビジネス法のポイント」
(1/23)
〜インドネシアでの健全な企業運営のための会計制度、税制、法規制やその対策について学びます。〜
2019.11.18 派遣前研修
「インドネシア 人事・労務管理/コミュニケーションの基本」
(1/22)
〜インドネシアの労務管理の困難、課題の把握と対応方法についてお伝えします。また、知っておきたい文化の違いとコミュニケーションスキルを学びます。〜
2019.11.18 派遣前研修
「インドネシア 任国事情/赴任者心得」(1/21)

〜インドネシアの国情、生活、現地の人達と仕事を進める際の注意点などを経験豊富な講師が解説します。〜
2019.10.1 解散のお知らせ
当協会は、令和2年3月31日をもって解散することになりました。
2019.2.25 2019年度の派遣前研修のご案内
〜次年度の派遣前研修のパンフレットが完成しました。〜


最新情報
各国・地域情報の更新状況のお知らせ

「各国・地域情報」の海外情報プラスに情報を追加しました。(2019.8.20)

 

中国 タイ インドネシア ベトナム インド

2017.8 2017.7
2017.7 2017.6
2017.6 2017.5
  バックナンバー()
2019.11 2019.10「人事労務実例(10月)」
*働き方改革について
*企業としての採用主権について
*体制不備が招く労務リスクについて
*日本人現地採用者について
2019.10 2019.9「人事労務実例(9月)」
*働き方改革について
*企業としての採用主権について
*体制不備が招く労務リスクについて
*日本人現地採用者について
2019.9 2019.8「人事制度の見直しによる経営効率の向上について」
*人事制度と経営効率について
*人事制度に潜在する問題
*歴代社長と本社の責任
  バックナンバー(中国)
2019.11 タイ情報2019年10月号
1.働くためのビザ取得後の出入国管理局の立ち入り検査ついて
2.タイの物流の効率化、ハードとソフト
3.タイのデジタルの進展と公開講座のテーマについて
4.(質疑応答1)採用後の職種変更は可能か
5.(質疑応答2)休日出勤の時間外勤務について
6.(質疑応答3)最低陳儀の動きは、その後どのようになっていますか?
2019.10 タイ情報2019年9月号
1.タイで働くためのビザおよび住居変更に伴う届けについて
2.タイの介護、医療業界について
3.タイの外国事業法と製造業、エンジニアリング事業について
4.中小企業が次なる海外展開を備えるには
5. OVTA公開講座、準備と今年のテーマについて
6.(質疑応答)最低賃金改定の行方
2019.9 タイ情報2019年8月号
1.デジタル時代の新しい法律と企業の対応
2.日系企業の2019年上期の景気とタイ政府の景気刺激策の効果
3.日系企業の賃金事情(JCC賃金調査の概要)
4.タイ国の医療事情
5.タイ国で働くためのビザと労働許可(ビザ更新の事例から)
  バックナンバー(タイ)
2019.11 2019年10月 - 最近のインドネシアの言語事情
2019.10 2019年9月 - 拡大するコーヒー市場
2019.9 2019年8月 - ジャカルタからの首都移転
2019.8 2019年7月 - インドネシア黄金時代に向けた課題
  バックナンバー(インドネシア)
2019.11 2019年10月度 ベトナム報告書
1.オフィス環境の改善
2.ハノイおよびホーチミンでのホテル事情
2019.10 2019年9月度 ベトナム報告書
1.バイオマスエネルギーの普及
2.子供たちの食生活と運動不足
2019.9 2019年8月度 ベトナム報告書
1.疾病の増加
2.スリの増加
3.M&Aの場合の送金方法の変更
2019.8 2019年7月度 ベトナム報告書
1.ベトナム地方都市への投資
2.ベトナムのインフラ開発
  バックナンバー(ベトナム)
2019.11 2019年10月情報
*CEOランク、インド出身の3人がトップ10
*冷凍食品市場、軽食部門は17%の成長維持
*車販売、下期も厳しい見通し=消費者の意識変化に対応を=
*全日空がチェンナイ便就航、初の南インド直行便、往来活性化へ
*雇用者数、60万人増、8月、過去23カ月間の最多
*インドの粗鋼生産量1.6%増、9月、世界第2位の896万トン
*世界富裕都市ランク、12位にムンバイ
*インド農村の日用消費財市場、過去7年で最悪、ニールセン調査
*失業率、7.2%に低下、9 月
*京セラ、東部オディシャにIT専門学校を開設
*9月車販売は28%減の28万台、11カ月連続減、さらなる悪化に警戒
*最高裁、樹木伐採の一時停止を命令、ムンバイ・アーレー森林
*自主退職制度を導入、トヨタ・キルロスカ
*会計EYが1.4万人雇用、コンサル業務強化
*9月の二輪車販売、地場3社など2桁のマイナス
*アンドラプラデシュ州、酒販売を州営化、段階的に禁酒へ
*タマネギを輸出禁止、価格高騰で=政府
2019.10 2019年9月情報
*商用車メーカー2社が工場の操業停止
*外貨準備高、9月20日時点は4,286億ドル
*インド、密輸入で1兆1,700億ルピーの損失、商工会議所連合会調査
*雇用者数62万人増、7月、過去22カ月間の最多
*今年度の印成長率、5.9%に下方修正、OECD、来年度は6.3%へ
*地球温暖化でムンバイなど2都市水没も
*原因不明の重病患者、15%から有毒物質検出
*下降局面の二輪車販売、回復は来年度から=ICRA
*インド国民の2割超は貧困層=準備銀
*内閣、電子タバコ禁止令を承認、輸出入も禁止
*タタIT、米GMの技術要員1,300人受入れ
*中古車販売が拡大、本年度は440万台見通し
*印の原油需要、世界最速で拡大=OPEC
*eリキシャ、2025年に100万台市場に成長へ
*8月新車販売は33%減、過去最大の落込み、
*使い捨てプラ製品12品目、全面禁止を検討
*鉱業分野5千万人の雇用創出可能=業界団体
*個人と中小社への融資、政策金利と連動義務化
*ホテルによる飲料水のビン詰めを許可、食品安全基準庁
*水牛肉の価格低下、中国の輸入規制を受け
*医師への暴力、禁固10年を規定。政府、法案原案を発表
*失業率8.4%に、8月、35カ月ぶりの高水準
*GST税率の引き下げ、自工会が政府に要請
*テレビ市場に縮小の兆し、スマホが浸食
*民間警備市場、2020年までに1兆ルピー規模に
2019.9 2019年8月情報
*FDI規制緩和、小売に追い風 ネット販売と現地調達で見直し
*ルピーの下落幅、過去6年間で最悪の水準
*鉄道全線を10年で全面電化、鉄道相が表明
*自部品メーカー、販売不振で事業の見直し
*EV促進策を一時抑制=政府関係者
*今年度の成長率、6.7%に下方修正、インディア・レーティングス
*雇用者数、72万人増、6月、過去21カ月間の最多
*CSR 規定違反の刑事罰を撤回 財務省
*「税務ハラスメント」、軽減へ 財務省
*使い捨てプラスチック使用禁止へ、インド鉄道
*マヒンドラが非正規社員削減、4月以降1,500人
*自動車業界、4月以降で35万人失職
*政策金利5.4%に引下げ、過去9年で最低に
*J&K 州を分割、連邦直轄領に 憲法の特権条項は廃止
*スズキの純利益半減、インド不振で4〜6月期
2019.8 2019年7月情報
*賃金法案、全労働者に最低賃金を保証へ
*電気自動車のGST税率を5%に引き下げ、GST評議会
*自動車部品産業、100万人の雇用不安、自動車部品工業会
*インド企業の36%は「廃業」
*インドのR&D支出、GDPのわずか0.6%
*政府が中国EC商品に50%課税か
*各地で水不足続く、西部でダムの貯水率低下
*専門職の給与、2桁伸びる予測
*2019年の予想成長率、IMFが7.0%に引下げ
*デリーでATM不正被害2,900万ルピー、
*住宅購入の負担増加、月収の60倍超に
*映画・テレビ産業の児童労働に懸念、労働・雇用省
*中古車販売台数、昨年度は新車の1.4倍
*専門小売業FDI規制を緩和へ、ゴヤル商工相
*外貨準備、3週連続で過去最高に、7月5日時点、4,299億米ドル
*地下水の水位、過去10年間で低下、政府
*失業率7.9%に、6月、33カ月ぶりの高水準
*耐久消費財市場、2023年に360億ドル規模に
*アドハーなしの納税者番号、9月から無効に
*労働者安全法案を承認、内閣
*高額取引の本人確認、アドハーで代用可能に
*2030年代に高齢化社会へ、インド政府経済調査
*野党ガンジー総裁が辞任、下院選敗北で引責
*6月の二輪車販売、不振続く
*意図的な債務不履行、昨年度は1.5兆ルピー
*サムスン、1千人規模の人員削減計画
*淘汰終わり、大手2社の成長期待
*6月の失業率は7.9%、前月から悪化
  バックナンバー(インド)

 





国際協力
各国情報
COUNTRY
 

OVTAとは?
 
財団法人 海外職業訓練協会