Overseas Vocational Training Association

 
 | 事業のご案内  | お問合せ  | リンク集  | サイトマップ 
 
TOPICS
 
2019.1.4 無料公開講座
「海外赴任セミナー(インドネシア編)in名古屋」(2/20)

〜異文化の相互理解により、公私共に実りある海外赴任とするために〜
2018.12.19 派遣前研修
「ベトナム 会計・税務のポイント/ビジネス法のポイント」(2/21)

〜企業運営に必要な会計制度、税制、押さえるべき法規制や対策〜
2018.12.19 派遣前研修
「ベトナム 任国事情/人事・労務管理」(2/20)

〜国情全般、ベトナムの人たちと仕事を進める上での注意点など〜
2018.12.19 派遣前研修
「タイ 会計・税務のポイント/ビジネス法のポイント」(2/15)

〜業務運営に必要な会計税務の知識、押さえるべき法律と対策〜
2018.12.19 派遣前研修
「タイ 人事・労務管理/コミュニケーションの基本」(2/14)

〜日本式では対応できない人事労務管理、マナーとタブーなど〜
2018.12.19 派遣前研修
「タイ 任国事情/赴任者心得」(2/13)

〜文化・価値観の違いを踏まえ赴任者に求められる人物像を理解〜
2018.11.21 派遣前研修
インドネシア 会計・税務のポイント/ビジネス法のポイント」(1/25)

〜企業運営に必要な会計制度、税制、押さえておくべき法規制〜
2018.11.21 派遣前研修
「インドネシア 人事・労務管理/コミュニケーションの基本」(1/24)
〜同国での人事労務管理の困難、異文化とコミュニケーション〜
2018.11.21 派遣前研修
「インドネシア 任国事情/赴任者心得」(1/23)

〜国情、生活情報、現地の人と共に仕事を進める上での注意点等〜
2018.2.23 平成30年度の派遣前研修のご案内を掲載しました。


最新情報
各国・地域情報の更新状況のお知らせ

「各国・地域情報」の海外情報プラスに情報を追加しました。(2018.7.18)

 

中国 タイ インドネシア ベトナム インド

2017.8 2017.7
2017.7 2017.6
2017.6 2017.5
  バックナンバー()
2018.12 2018.11「不定時労働制について」
*不定時労働制とは
*適用職種の法的根拠
*導入根拠と応募者モチベーションへの影響
*不定時労働制の賃金設定
*不定時労働制導入のメリット
2018.11 2018.10「日本における外国人労働者の雇用について」
*はじめに〜外国人労働者の受け入れ拡大
*外国人労働者雇用へのアクション
*中国人技術者の大量採用を検討するIT企業
*外国人労働者の採用支援を行う人材会社
2018.10 2018.9「個人所得税法修正について」
*個人所得税法の修正
*修正の意義
*過渡期における政策
*修正における変化点
*企業としての対応準備
  バックナンバー(中国)
2018.12 タイ情報2018年11月号
1.東南アジアの政治、経済は
2.現地企業の年末ボーナス事情
3.欧州系の自動車1次サプライヤーとの付き合い方
4.北海道からの農産物の輸入と現地進出日系百貨店の開業当初の様子
5.(事例)日本人出向者の健康管理と解雇について
2018.11 タイ情報2018年10月号
1.タイの新しいモビリティ・サービスと労働法の関係と課題
2.タイの労働者保護法、改正の動き(MHM Asian Legal Insightsから)
3.タイの汚職防止法と汚職防止対策(JCC運輸部会から)
4.タイのデジタル産業化と人材育成について (9/19の公開講座の質疑応答、その2)
5.タイの企業での意思疎通、タイ語と日本語の壁をどう破るか
6.(労働関係情報誌)タイランド4.0と早期退職制度(日系事例)について
2018.10 タイ情報 2018年9月
1.タイランド4.0時代の人事労務管理―9/19の公開講座から
2.企業発展段階とタイおよびアセアンの日本人駐在員の動向
3.日本の介護施設業界の人材不足と海外から求人をするには
4.タイでのリスクに応じた保険のかけ方
5.(質疑応答)タイでのビザ更新、労働許可証の更新について
  バックナンバー(タイ)
2018.12 2018年11月 - e-KTP(電子住民登録証)の偽造発覚
2018.11 2018年10月 - 社会問題化するデマ情報
2018.10 2018年9月 - インドネシアのミレニアル世代
  バックナンバー(インドネシア)
2018.12 2018年11月度 ベトナム報告書
1.2019年の最低賃金
2.離職率の低減策
3.環境問題の深刻化
2018.11 2018年10月度 ベトナム報告書
1.ベトナムにおける上水道事情
2.技能実習生送り出し機関における教育
2018.10 2018年9月度 ベトナム報告書
1.ベトナムにおけるEコマースの状況
2.ベトナムにおけるEコマースの課題
  バックナンバー(ベトナム)
2018.12 2018年11月情報
*クラウド、2022年までに100万人の雇用創出、技術者不足の見込み
*外国居住インド人、国外資産の申告義務なし、所得税上訴審判所
*インド企業のCSR活動費、昨年度は11%増
*携帯利用は2024年に14.2億件、エリクソン予測
*港湾労働者、1月に2日間の全国スト実施へ
*雇用者数、75万人増、9月、過去13カ月間の最多
*IT技術者、ビザ規制で続々カナダへ
*アーユルベーダ市場、44億ドルに拡大予測
*国鉄インフラ事業、6割が当初予算を超過
*ムンバイテロ犯に懸賞金、米国務長官が発表
*今年度の印成長率7.5%に、OECD、来年度は7.3%へ
*インドの汚職は減少の認識、英印ビジネス評議会
*日用消費財市場の成長率、7〜9月は17%
*雇用増加率、本年度は4.1%に加速見通し
*食品ラベルの規制強化、一部用語の使用に制約
*環境当局、首都での夜間建設作業を禁止
*長期間の内縁関係、婚姻と推定、最高裁
*対外商業借入、規制を緩和、準備銀
*今後10年で1億人弱の雇用必要、PwC予想
*「世界最大の像」完成、巨額の建設費に批判も
*米国、インド製品の関税免除を撤回 約 50 品目が関税の対象に
*デジタル広告が急成長、動画がけん引、2023年にテレビ抜く
*動画視聴者、2023年に5.5億人
*失業率、10月は6.89%に悪化
*最高裁、老朽車の首都圏での走行を禁止
2018.11 2018年10月情報
*高額紙幣廃止に批判、実施2年で効果に疑問
*インドの有機食品輸出が拡大、昨年度39%増
*航空旅客は2037年に80億人超、印は世界3位に
*2020年以降、BS-IV 対応車の販売禁止、最高裁
*原油輸入額、本年度は42%増の見通し
*有力校の人材呼込み、日本企業10社が説明会
*オラとウーバーの運転手、運賃引上げを要求
*列車事故の死者、2015〜2017年で5万人
*「日本式ものづくり学校」、第2期生が入学、マルチ・スズキ
*結婚可能年齢引き下げを棄却、最高裁
*印企業の雇用の伸び、昨年度は3.8%に鈍化
*首都圏の給油所がスト、VAT引下げ拒否で
*チェンナイで給水業者がスト、産業界に打撃
*デリーの大気汚染、「極めて悪い」に悪化
*セクハラ疑惑の大臣が辞任、疑惑は否定
*インドへのFDI、世界第10位の216億米ドル、UNCTAD、1〜6月
*訪日インド人、15.5%増 、9月、1万3千人
*グジャラートでものづくり人材育成学校開校、豊田通商インディア
*日本語教師育成センターの修了式を開催、ジャワハルラル・ネルー大学で
*競争委、酒造大手 3 社を強制捜査、価格操作の疑い
*駐在員が暮らしやすい国ランク、印は12位
*ルピーが最安値更新、金利据え置きも影響
*インドの個人資産総額、2022年に5兆ドルに
*移民労働者の流出続く、グジャラート州
*2019年昇給率、10%見込み、アジア太平洋で最高
*南部の二輪車工場スト、2社で沈静化
*失業率、9月は6.61%に悪化
*ヒンドゥー寺院の女人禁制は違憲 最高裁
*農民2万人が抗議デモ、ローン免除など求め
2018.10 2018年9月情報
*インド刑法の姦通罪に違憲判決、最高裁
*世界大学ランク、国内首位はインド科学大
*政府、CSR規則を改正、支出基準など変更
*雇用者数、約76万人増、7月、過去11カ月間の最多
*非正規労働者の月収、半数が5千ルピー以下
*スト継続、チェンナイの車工場で
*1.8 兆ルピーの不良債権回収を、財務相、国営銀に対し
*最高裁、アーダールに合憲判決、銀行口座、電話番号との紐付けは禁止
*技能研修・キャリア支援の英企業と提携、タタ・コンサルタンシー
*技能研修でジャルカンド州政府と提携 ヤマハ
*取締役KYC、200万人が未登録、企業省、期限延長せず
*350 万人の雇用喪失 旧高額紙幣の使用停止で
*インド自動車業界、EV技術者不足が課題に
*薬局協会が28日スト計画、ネット販売に抗議
*退職後に備え貯金している人、インドは33%
*インドの雇用、過去1年間で33%増加
*同性愛行為を合法化、インド最高裁
*農民ら数千人、首都で現政権に抗議活動
*乳製品の7割、食品安全基準局の規定に違反
*綿布職人の賃金、政府が36%引き上げを承認
*失業率、8月は6.31%に悪化
  バックナンバー(インド)

 





国際協力
各国情報
COUNTRY
 

OVTAとは?
 
財団法人 海外職業訓練協会